記事提供:いいモノ調査隊

春になって暖かいのはいいんですけど、気になるのが紫外線。最近は男女限らず日傘を差している人が多いですが、荷物になるわ片手がふさがるわで、正直めんどくさいと思っている人もいるのでは?

そんなあなたに超おすすめしたい、手ぶらで差せる革命的な日傘が誕生しましたよ!

どう見ても日傘を差しているのに、持ち手部分が見当たらないという違和感

あ、今「ださい」と思いました?まあ話だけでも聞いてくださいよ。この傘は「釣傘」といって、両手を自由に使いたい釣り人のために開発された日傘なんです。

見た目は「柄のない傘」。使い方は簡単で、真ん中のゴムベルトを頭にかぶせるだけ!

装着するとこうなります。私自身が、傘の柄になるということだ…

折りたためばこんなにコンパクトなので、毎日持ち歩けちゃいますね

本来は釣り人用ですが、釣りをしない人にも絶対便利。紫外線が気になるのに日傘が差せないシーンって結構あるんですよね。たとえば自転車とか。

すれ違う人がみんな二度見してきます。最高の気分

これは稀代の発明だと思います。きっと10年もすれば傘のスタンダードになっているはず。

サンドイッチ伯爵だって、トランプしながらご飯食べたいとかいう理由でサンドイッチを作ったと聞いています。釣りをしながら日傘を差したい、発想はまったく同じじゃないですか!?

何かに似てると思ったらこれでした

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス