記事提供:カラパイア

オランダ、ロッテルダムのクラーリンゲン内を走るトラム(路面電車)の停留所にはとても立派な猫がいる。彼の名前はアケさん。アケさんは、10年間の長い間、出勤した飼い主が電車から降りるのを待っているのだ。

アケさんは停留所で飼い主の帰りを待つ。雨の日も、風の日も。飼い主が電車から降りてくると、一緒に車で自宅へと帰っていく。

いつも決まった時間に停留所にいるアケさんはフェイスブック上で話題となった。この停留所を利用する人々の癒しとなっているようで、利用客はアケさんと一緒の写真を次々にフェイスブックに公開している。

「どんよりとした空の下で電車を待つときだって、キュートな猫ちゃんを膝の上に乗せれば楽しい時間になるんだぜ。」

ついにはフェイスブック上で、『トラム・キャット(Tram Cat)』というファンページが作られた。

アケさんとツーショット写真を撮る利用客たち。

有名キャットとなったアケさん。駅には、「白黒猫さま専用席」っていう看板が設置された。

「雨の混雑時でも猫をどかして欲しいなんて声は一切ありません」。と語るのは、電車の運転手ステファンさんである。

「この駅を通るようになって10年になりますが、毎日彼を目にしますよ。何ヶ月か前にエラスムスの学生や地元の住民たちが、アケさんに気がついたんです。そうしたら、自分専用のシートまで作ってもらって、餌をあげる人も出てきました」。

「短区間ですが、電車に乗ることも結構ありますよ。そんなときは迷子にならないように、同僚がアケさんをきちんと帰りの電車に乗せてあげます。乗客はみんな彼が降りる駅をちゃんと分かってますから。」

にゃんと!アケさんは停留所で待つだけでなく、電車も利用していたようだ。

ファンページのおかげで、飼い主は、知らないアケさんの一面を知ることができたとか。そりゃ、電車に乗って小旅行しているなんて想像できるはずがない。
 
でも、有名になってちょっと困ったこともある。それはアケさんに餌をあげる人がいること。アケさんには持病があるから餌やりは厳禁なんだ。だから、フェイスブックにはこんな注意書きが掲載された。

「ひとつだけ問題があります。それは駅で色々な人が餌をあげることです。もちろん気持ちは分かりますが、アケには重度の膀胱炎という慢性疾患があって、おしっこが出なくなってしまうのです。これが起きると彼はとても苦しみます」。

「治療のために、これまで何度も獣医にかかりました。このおかげで敗血症を患い、死の瀬戸際まで来ています。苦痛を和らげ、再発を防止するために、アケは獣医から処方された特別な餌を食べています。

彼が口にできるのはこれだけだし、他の食べ物では太る心配もあります。どうぞアケにエサを与えないでください」。

今ではみんながアケさんの健康に気をつけてくれるようになった。アケさんは、天命を全うするまで、この停留所で飼い主の帰りを待ち続けることとなるだろう。忠犬ハチ公ならぬ、忠猫アケさんだ。

出典:buzzfeed

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス