4月18日から上映が開始された映画『ドラゴンボールZ 復活のF』。初週2日間で約71.6万人を動員し、9.6億円を超える興行収入を記録し各メディアでも大きく取り上げられていました。

なんと言っても戦う相手が『フリーザ様』というのが大ヒットの要因ではないかと思います。週刊少年ジャンプ連載時のナメック星での死闘。スーパーサイヤ人への覚醒。ドラゴンボールファンならずともよく知られているエピソードです。

そして今回の映画ではフリーザ様が金色になり悟空と戦っている映像がCMや予告映像でも公開されていました。そのゴールデンフリーザ様の戦闘力(ドラゴンボール内の強さの指標となる数値)が公式に販売されているサンケイスポーツ紙の『ドラゴンボールZ新聞』に書かれていたのですが、意味の解らない桁になっていました…。

垓(がい)って桁知ってますか?

こちらが『ドラゴンボールZ新聞』紙面です。

出典 https://twitter.com

紙面に表示された数字は『100,000,000,000,000,000,000』。

これは垓(がい)という桁になります。桁の順番では一、十、百、千、万、億、兆、京、垓となり9番目に登場します。億のさらに3つも上の桁です。簡単に言うと垓は兆の1,000万倍です…。これでもよくわかりませんね。まさに”天文学的数字”です。

初めてドラゴンボールにフリーザ様が登場した時の戦闘力は530,000です。ということは…計算するのも大変です。要するに物凄く強くなっているのです。

フリーザ様の戦闘力に驚きの声多数。

どれくらい強いのかは劇場でお確かめください。

1垓というまさに”桁外れ”の強さとなったフリーザ様が孫悟空に復讐をするために蘇ってきたいうのが今回の映画の大筋のようです。

予告編ではゴールデンフリーザだけではなく青色のオーラを纏った悟空も写っており、これは前回の『神と神』で見せた赤いオーラのスーパーサイヤ人ゴッドとも違いますね。二人の勝負の結末はいかに!?

私もまだ見ていないので早く観たいです!!

出典 YouTube

出典 YouTube

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス