ディズニー映画『シンデレラ』が4月25日(土)に公開です

出典 YouTube

『アナと雪の女王』『マレフィセント』のディズニーが贈るディズニー・ラブストーリーの原点にして頂点、ついに実写化!一足先に、日本語版をプレス試写で観て参りました。いつものごとく、ネタバレにならない程度にその魅力をお伝えします。

といっても、『シンデレラ』のストーリーを知らない人は、きっといませんよね

出典 http://www.disney.co.jp

本作が公開前に何かと話題になっている、その魅力をいくつかご紹介します。

【魅力①】現代人でも納得できる、リアリティあふれるストーリーにときめく!

出典 http://www.disney.co.jp

シンデレラって、誰でも知っている超定番のストーリーだと思いますが、私たちが小さい頃に読んできたお話では、割と勧善懲悪というか、継母やその娘たちは完全に「悪」で、王子はただの「お金持のおぼっちゃま」、くらいのパーソナリティしか描かれていませんでした。

シンデレラ自身も、「性格がよくて美しい女性」といった普遍的な設定でした。しかし。
「いやぁ、そんなわけないよね。」と、この映画を観て気づかされます。おとぎ話はしょせん夢物語だと、冷めてしまった大人が引き込まれるリアリティがそこにはあるのです。

シンデレラが不幸な境遇でも強く生きられた理由も、しっかりと描かれています

出典 http://www.disney.co.jp

シンデレラの生い立ち。両親の愛情と、若くしてこの世を去ってしまった母の教え。それが、キャッチコピーである「本当の魔法は、あなたの勇気」に繋がります。

勇気と優しさをもって生きていく。簡単なようで、難しいですが、シンデレラはこの言葉だけを支えに継母と義姉たちからのいじわるに耐えます。そんな彼女の姿に、王子は見た目だけではなくハートでシンパシーを感じて惚れ込みます。

それぞれのパーソナリティと、惹かれあうまでのストーリーに人間味があふれているので、大人が観ても納得させられるんです。

継母だって、最初からいじわるだったわけじゃない

出典 http://www.disney.co.jp

継母の心情描写が、心憎いまでの絶妙なバランスで描かれています。大人になった今だからこそ共感できるポイントが、「継母だって最初からいじわるだったわけじゃない」ということ。

二度も夫を亡くした悲しみと、娘たちを育てていくだけのお金が必要だという危機感と、
豪奢な生活からは転落したくないという女性としての欲望と。そこに現れた穢れなきシンデレラの眩しさ。

そりゃあもう、ひねくれるよね、とちょっと同情してしまったり。

【魅力②】フェアリー・ゴッドマザーの魔法のシーンにときめく!

出典 http://www.disney.co.jp

シンデレラを舞踏会へ向かわせてくれる、お話の中でも一番ドキドキするシーン。シンデレラの夢を叶えてくれる「フェアリー・ゴッドマザー」の魔法のシーンが、大人でもキュンキュンしてしまうくらいに愛と夢にあふれてキラキラしています。

思わず「私にもフェアリー・ゴッドマザーが現れないかなぁ…」なぁ~んて思ってしまうほど。

【魅力③】アナ雪の続編も同時上映!

出典 http://www.disney.co.jp

ディズニー映画のお約束でもある、本編前の短編。なんと今回はあの「アナと雪の女王」の続編!アナ雪ファン必見ですね。

【魅力④】日本語版の主人公二人のとってもキュートな吹き替えにときめく!

出典 http://www.disney.co.jp

シンデレラ/エラ役の高畑 充希さん。勇気と優しさを持って強く生きるシンデレラの純粋さが全面に表現されています。映画館を出たあと、彼女の存在がきっと気になるはず。

出典 http://www.disney.co.jp

王子/キット役の城田 優さん。ご本人も王子のような長身で爽やかなルックスですが、声だけなのにうっとりしてしまうんです。

お二人で唄われている、日本だけのデュエットソングも必聴です。

Twitterキャンペーンもスタートしています

出典 http://www.disney.co.jp

シンデレラをイメージした動画や写真を「#シンデレラ部」を付けてツイート!抽選で60名に豪華プレゼントが当たります。あなたの日常の中の「シンデレラ」を探してみて下さいね。

▼映画の詳細やキャンペーン情報はこちらから

公開は、4月25日(土)。間もなくです!

出典 YouTube

いかがでしたでしょうか。既に知っているストーリーなのに、ぐいぐい引き込まれて、1時間45分があっという間!最近ふわっと夢見心地になることがないなぁと思っている人は、ぜひこの映画でときめく時間を手にしてみて下さい。

▼こちらもオススメ!ディズニー映画情報

この記事を書いたユーザー

gocci このユーザーの他の記事を見る

紙媒体の企画・営業・編集を卒業後、企業広報を経て、フリーランスのPRプランナー&ディレクターをしています。 (ハイパーメディアフリーターとも言う) 齢36。 エディトリアルディレクションが大好物ですが最近はブランディングが多め。

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス