まるで土の中から”家が生えてきた”ようなこの画像。これは、1本だけ刺さった『釘』のように見えることから

『ネイルハウス(釘子戸)』

と呼ばれるものでして…

土地開発が進む中国で、立ち退きに断固反対する家をそのまま放置し、周りだけを一気に開発していくという、日本では考えられない”追い出し対策”の結果生まれてしまった…悲しすぎる家々なんです。

もちろんその土地に、並々ならぬ”愛情”がある人もいるのかもしれませんが、やはり”ゴネ得狙い”の人々が圧倒的に多いとのこと。では、もはや”見せしめ的”としか言い様がない、酷すぎるネイルハウス。一挙にご覧下さい!

ゴネ得狙いとはいえ、人権なんてあったもんじゃない酷すぎる強行開発。これでは生活なんて出来るわけがありませんよね。

急速な土地開発によって次々に生まれるネイルハウス。ゴネ得がまかり通るのも腑に落ちませんが、それに対抗して次々に開発を進めてしまう政府や業者にも確実に問題があるような気がします。

都市化の前に、もっとやるべきことがあるのでは?!と思える政府の対応。今後の発展の為にも、きちんとした措置を心がけてほしいものですね。以上、急速な都市化が進む中国の闇”ネイルハウル”の実態でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス