ティーバッグで美味しい紅茶を作る手順

1.カップはあらかじめ温めておく

2.お湯をめっちゃ沸かしてカップに注ぐ

3.ゆっくりとティーバッグを入れる

4.カップに蓋をして2分間蒸す

5.常温の牛乳を入れて完成!!

出典 http://soredemo-blog.hatenablog.jp

1.カップをあらかじめ温めておく

おいしい紅茶をいれるには、なるべく沸かしたお湯を冷まさないことが重要です!

出典 http://getnews.jp

あらかじめカップを温めておくと香りや風味を損なわずにすむそうです。温めてないカップにお湯を注ぐとお湯の温度が下がりすぎてしまうようです。

2.お湯をめっちゃ沸かしてカップに注ぐ

沸騰した後、もっと沸騰させると、やかんの下側から、ボコボコと、親指大ぐらいのお湯がでています。ボコボコして1分ぐらい経つと、お湯が最高温度95度になります。(100度にはなりません)

このときのお湯を使うのが、紅茶には最適です

出典 http://www.verygoodtea.com

紅茶を淹れる場合は、沸騰直後の高い温度のお湯が良いそうです。

3.ゆっくりとティーバッグを入れる

ティーバッグが空気で浮かび上がらないように、カップの縁からすべらせるように静かに入れます。

出典 http://brand.lipton.jp

空気が入らないように入れるのがポイントです。ちなみに、ティーパックではなくティーバッグが正式名称です。

4.カップに蓋をして2分間蒸す

マグカップの場合はラップをかけるのでもよいので、とにかく熱や湿気が逃げないようにすればOK。

出典 http://gigazine.net

蓋がなくても、受け皿やラップでも良いそうです。蒸らすことで茶葉の香り・風味を最大限に引き出します。

5.常温の牛乳を入れて完成

冷蔵庫から出してしばらく放置、常温にしたミルク。通常ミルクティーを飲む場合はこの方法がベストです。ミルクの味を壊さず、お茶の温度もそれほど下がりません。この状態にするには、お湯を沸かす前に使う分だけミルクポットに冷蔵庫から出したミルクを入れたりして、できるだけ常温に近い状態にするのがいいでしょう。

出典 http://www.london-tearoom.co.jp

ストレートティーの場合はミルクを入れずにどうぞ!ミルクティーの場合は、常温のミルクを入れると良いです。常温のミルクだと香りが出るそうです。

この記事を書いたユーザー

Arcnote このユーザーの他の記事を見る

大学在学中から父の会社の株式会社PYSEに所属、社内システム開発や機械加工を学び大学でGPS応用方法の研究卒業する。所属会社の経営を実践で勉強しながら、2014年3月より個人でiPhoneアプリ開発を始め現在に至るまで9作のアプリを販売。
面白い記事をたくさん書きたいと思います。ぜひとも仲良くしてください!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス