加害者に過失がなかったことが証明できるかどうかが鍵だった

4/13に福井地裁で出された判決がネットを中心に波紋を呼んでいます。

ざっくり言うと「福井地裁が居眠り運転によって突っ込まれた運転手の無過失が証明できないとして4,000万円の賠償を負う義務がある」とした判決に対して「それは酷い」「突っ込まれたほうが被害者なのに…」という声が続出しているのです。

そもそもの事故は…

死亡した男性の車の任意保険は家族限定…

死亡した男性は自身が所有する車の助手席に乗り、他人に運転させていた。車の任意保険は、家族以外の運転者を補償しない契約だったため、遺族への損害賠償がされない状態だった。

出典 http://www.fukuishimbun.co.jp

家族限定の任意保険・本人限定の任意保険で契約外の他人が運転して事故が発生した場合は、当然保険の支払いはありません。

「どうせ事故は起こらないだろう」という軽い気持ちで保険が効かないにも関わらず他人に気軽に運転させてしまうことはあるとは思いますが、非常にリスクを伴っているのです。

遺族が対向車の男性を訴える…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

任意保険が家族限定だったことから任意保険は遺族に支払われず、遺族は対向車側の責任を追求。

直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟

出典 http://www.fukuishimbun.co.jp

加害者側に過失がなかったことを証明できるかどうかが鍵だった

第三条  自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。

ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。

出典 http://law.e-gov.go.jp

自動車損害賠償保障法(自賠法)では、上記のように定められており、加害者側に過失がなかったことが証明された場合は賠償の責任を負う必要はありません。逆に言うと、過失がなかったことが証明されないと賠償責任を負うと言えます。

福井地裁は無過失が証明できないとして4,000万円の賠償を命じる

福井地方裁判所の原島麻由裁判官は、加害者側に過失がなかったことが証明できないとして、加害者側に4,000万円の損害賠償の支払いを命じる判決を下しました。なおこの4,000万円は自賠責の上限3,000万円と加害者の任意保険1,000万円の構成となるようです。

対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4000万円余りの損害賠償を命じた。

出典 http://www.fukuishimbun.co.jp

争点となっていた過失が"ある"のか"ない"のかについては、「ないともあるとも認められない」として過失がないことが認められない場合以外賠償責任が生ずるという、自動車損害賠償保障法に基づいて4,000万円を支払う義務があるとする判決を下しました。

対向車の運転手が、どの時点でセンターラインを越えた車を発見できたか認定できず、過失があったと認められない」とした一方、「仮に早い段階で相手の車の動向を発見していれば、クラクションを鳴らすなどでき、前方不注視の過失がなかったはいえない」と、過失が全くないとの証明ができない

出典 http://www.fukuishimbun.co.jp

判決では、衝突前に加害者が被害車両により早く気付き危険回避行動がとれたのではないか?それができなかったのは前方不注意があったのではないか?

その疑いが晴らせないのであれば損害賠償の支払い義務があるという内容に。これに「もらい事故」なのにひどいという意見が続出しています。

他者運転危険担保特約や人身傷害保険など、さまざまなケースを救済できる仕組みがあることを知らない人も多いという。宮本弁護士は「なんとかなる場合が大変多い。諦めず検討してほしい」

出典 http://www.fukuishimbun.co.jp

保険適用外の状況ではどうしようもないと諦めてしまう人が多いが、なんとかなる(なんとかして補償を受け取ることができる)ことが多いとのこと。

ただし、この被害者側の弁護人の発言に違和感を覚える人も少なくなく。

「もらい事故」で賠償はあり得ないとして批判的な意見が多数

はみ出してきた対向車と衝突したら、通常なら被害者である。ところがハミ出してきたクルマの助手席に乗っていた人が死亡したということで、4000万円の賠償責任を自分の車線を遵法走行していた側に課したのだ。

出典 http://bylines.news.yahoo.co.jp

裁判の加害者は、居眠り運転でセンターラインを飛び越えてきた車両に突っ込まれた「被害者」であるという意見も多数ありました。

ハンドルを握ったら、どんな事故も回避しなければならないということだ。いわゆる「悪魔の証明」に他ならない。

出典 http://bylines.news.yahoo.co.jp

「悪魔の証明」とは、「なかったこと」を証明するのが非常に困難であることを表す言葉。
「ツチノコは居る」ということはツチノコを1匹捕まえれば良いが、「ツチノコはいない」というのはツチノコがいないことを世界中すべての土地に対して証明せねばならず、その証明方法も存在し得ないことから事実上不可能性であるということ。元々は新約聖書からきている言葉。

こういった判決が続くと、任意保険の金額を上げないと対応できなくなる。

出典 http://bylines.news.yahoo.co.jp

こう言った判決が増えると、自然と任意保険の支払額が増え結果として任意保険の保険料を上げざるを得なくなるのではないか?との意見も。

これが認められればあたり屋が正当化されないかぃ?これがまかり通るようなことになれば、多くの人が任意保険を掛けなくならないかぃ?自動車保険の根底を覆すことになりかねないよ?相手の不注意で事故られた挙句に裁判所から損害賠償を命じられるって理不尽すぎるだろ

出典 http://ameblo.jp

任意保険をかけなくても最終的に補償がされるのであれば、任意保険に入らなくても良いということになるのでは?という意見。

確かに一理ある気はします。もちろん、今回のように無過失が証明されないケースばかりではないでしょうし、自身に過失があって相手を死傷させてしまうケースを考えると闇雲に任意の自動車保険が不要になるとは言えないとは思いますが。

被害者の乗ってた車の運転手が保険に加入して無かったか条件が合わないから保険金が支払われない、このままでは亡くなった人の遺族がお金を受け取れない。だったら悪いけど保険に加入している対向車の保険会社に払わせましょう。

出典 http://shufly.jp

好意的に見ると亡くなった方の遺族を救済するために保険会社に支払わせるようにも見えるという意見。「救済」というと聞こえはいいけれど…。

確かに自動車業界としてはただでさえ車に乗る人が減っている時代に、痛い判決かもしれません。

一部には判決を支持する意見や誤解を指摘する声も

気の毒な死亡男性の遺族を”おおよそ交通事故で被害を受けた人”として何とか救済したというのが本判決でありましょう。

出典 https://newspicks.com

弁護士の方の意見です。自賠責から支払われるのであれば、被害者を救済してあげるべきというご意見。

当事者全員を救済する為の財源を確保する為じゃないかと。裁判官は当事者全員を救済する目的で、過失の理由を作ったのだと思います。

出典 http://nyatla.hatenadiary.jp

無保険で運転してた加害者側がクソなのは言うまでもありませんが、事故自体は不幸な事なので、出せる所に出させる救済を目的とした判断は正しいと思います。

出典 http://nyatla.hatenadiary.jp

被害者に大きな責任があるとはしながらも、当事者が救済されるバランスをとった判決ということでしょうか?

過失の理由を"作った"と言われてしまうと違和感がありますが、遺族への配慮が判決に表れたのではないか?という前出の弁護士の方と似たような意見だと思います。

今回の裁判は民事裁判です。刑事裁判とは別です。自賠法は刑事裁判には適用されません。刑事裁判の場合,検察官が立証しなければなりません。心配しないで。

出典 https://note.mu

一部に刑事事件と混同している人がいるとして注意を促しています。今回は刑事事件ではないので、加害者側が罪に問われるかどうかという話ではありません。

判事の方のようです。判決文に記載されている内容でしょうか?

この判決を受けてドライブレコーダーが必要だとの意見も多数

ドライブレコーダーがあると事故の事実関係の詳細が分かりやすくなりますので,良かれ悪しかれ立証はスムースになりやすいです。

出典 https://note.mu

ドライブレコーダーがあることで、証明されにくいものが証明されやすくなるのは確かだと言えます。

何よりも事故が起こらない・起こさないことが一番

今回のもらい事故の判決を巡っては、どちらが被害者なのか?から自賠法の解釈、はては当事者の救済についてまで幅広く議論されているようです。

ただし、間違いないことは事故で一つの尊い命が亡くなっていることです。まずは事故が起こらないこと、起こさないことが第一。任意保険云々、ドライブレコーダー云々の前に安全運転に心がけたいものです。

この記事を書いたユーザー

さっくすぶるー このユーザーの他の記事を見る

静岡県浜松市出身。
2児の父親。某J2チームとウイスキーとラーメンをこよなく愛するアラフォーおやじ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス