ダンス会場の中央に…なぜか運び込まれる椅子。

実はこれ。アメリカ・ユタ州に暮らす9歳の”アリッサ・サイズモア”ちゃんの為に用意された椅子で、交通事故で右足を失ったアリッサちゃんの為に、特別に配慮されたものなのですが…

そんな配慮なんて必要がないほど素晴らしいダンスを踊るアリッサちゃんの姿が、感動的だ!と現在、海外を中心に話題となっています。

ダンスが大好きなアリッサちゃん。事故で右足を失った際には…

『もう踊れない』

と悲観していたようですが、厳しいリハビリに耐え、全力で踊るアリッサちゃん。その姿…感動せざるを得ません。

そして…

その時はやってきます!

ダンスの途中にも関わらず義足を外し…

義足無しで踊りだすアリッサちゃん。

バランスを取るのさえ難しい片足でのダンスですが…

ありのままの姿で踊るアリッサちゃんに、もう迷いなんてものはありません。では、心を鷲掴みにされるアリッサちゃんのダンス。ご覧下さい!

出典 YouTube

『4歳のときから、私はダンスが大好きだった。足の一部を失ったけれど、踊りは止められなかった。私はそれでも踊りたかったの』と語るアリッサちゃん。自分を解放したその瞬間、より一層美しく感じたのは僕だけじゃないはずです。

いつまでも鳴り止まない観客の大歓声。ダンスを愛し、ダンスに愛されたアリッサちゃんは、これからも見る者に感動を与え続けていくことでしょう。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス