パスポートは大事な身分証明証と共に・・・

出典 http://www.gettyimages.co.jp

パスポートがなければ、国境を越えることができませんので・・・もし、海外旅行で紛失・盗難なんてことになれば、そのままでは、日本に帰ってくることができません!!

そのまま、海外に居座ってしまうと・・・不法滞在

出典 http://www.gettyimages.co.jp

先日も、元国会議員の娘&息子が、タイで不法滞在で拘留!なんてニュースが流れましたが・・・不法滞在は立派な犯罪です。

一般に人が出入国関係法令(日本の場合は出入国管理及び難民認定法)に違反した状態で外国(自らが国籍を有する以外の国)に滞在している状態をさす。非正規滞在という表現が用いられることもある。

出典 http://ja.wikipedia.org

不法滞在者はどうなっちゃうの?

入国警備官の違反調査が行われ、オーバーステイの容疑があるとされれば収容(身柄拘束)されます。

次に、入国審査官へ身柄の引渡しが行われ、今度は違反審査を受けます。そして、退去強制事由に該当すると認定された場合は、原則として退去強制となります。

出典 http://www.visa-specialist.com

それぞれの国によって、対応が違うかもしれませんが・・・この記事では日本における不法滞在者への対応を挙げてみましょう。

入国拒否期間は

1、過去に退去強制歴等のある者:10年

2、当局の摘発などにより退去強制された者(退去強制歴等のない場合):5年

3、出国命令により出国した者:1年

出典 http://www.visa-specialist.com

もう一度、その国に旅行へ行きたくても、制限が付いちゃうんですね。

もし紛失・盗難なんて事態になったらまず「紛失届」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

まず現地の警察署へ行き、「紛失・盗難届出証明書」を発行してもらう。

出典 http://prepare.arukikata.co.jp

とにかく、地元の警察署へ行って、「紛失届の証明証」を貰わないことには先に進みません!!日本の警察官と違って、日本語は通じないし、無愛想な場合も・・・心折れずに頑張りましょう!

コレさえGETできれば、現地の日本大使館へ急げ!!

手続きとしては、紛失の届けと同時に新しいパスポートの申請をするか、帰国するための渡航書を申請するかの、2つの方法があります。

出典 http://tt110.net

①帰国するための渡航書を申請

短期の旅行などの場合は、コチラになると思います。

次のものを提出します。

A.渡航書発給申請書 1通、大使館窓口にあります。

B.「戸籍謄本か戸籍抄本 1通、あるいは、日本国籍が確認できる書類(運転免許証など)

C.写真 1枚
  
D.外国でのスケジュールが確認できるもの。航空チケットや旅行会社の予定表など

出典 http://tt110.net

②新たにパスポートを申請

ホームステイなどの長期滞在の場合はコチラになります。

次のものを提出します。

A.一般旅券発給申請書 1通、大使館窓口にあります。

B.戸籍謄本か戸籍抄本 1通、

C.写真 1枚、大使館にICパスポート作成機がない場合は、申請書2通と写真2枚が必要です。

出典 http://tt110.net

海外旅行では盗難も多いので・・・これらの用意を!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

紛失したときの用心として、運転免許証などを持参して、パスポートと別々に保管しておくとよいでしょう。また、自分のパスポート番号と発給年月日は、必ずメモして控えておくのも大切なことです。

出典 http://tt110.net

旅券の顔写真があるページと航空券や日程表のコピーがあると手続きが早い。コピーは原本とは別の場所に保管しておこう。

出典 http://prepare.arukikata.co.jp

注意:大使館は年中無休24時間営業ではない!!

大使館は土日や現地の祝日は、休みの可能性が高いです!ご注意を!

この記事を書いたユーザー

MasakaZ このユーザーの他の記事を見る

面白いこと、ためになること・・・自分が気になった事を記事にしていきたいと思います。
アメーバ以外でも記事を書いています!Twitterもやってるのでフォローお願いします(@TubeRalin)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス