母国語が定まる前に英語(外国語)を教えると日本語(母国語)が話せなくなる!

母国語が確立していない時期に外国語(英語)の世界に飛び込まなくてはならない幼児に課せられるリスクの高さを、私は初めて知った。

母国語が堪能な事が、外国語の高い能力を身につけるためには不可欠である事も本書によってよくわかった。

出典 http://vignette.jugem.jp

英語教育をはやめにする事で身につくといわれていますが、日本語(母国語)を覚える前に英語を覚えさせようとすると、母国語が英語になってしまう現象が起きるそうです。

そうなると、もちろん日本語がわからない状態になり日本での生活が大変苦のあるものになってしまいます。また、両親が英語を話せなければ両親との会話も難しいものになります。

母国語も外国語もどちらも不安定。セミリンガルとは?

幼いころから外国語を学んだために、母国語がうまく使えない(もちろん外国語も中途半端)という「セミリンガル」になってしまうケースもあるそう。

出典 http://www.ei-navi.jp

教える言葉は英語で、普段話す言葉は日本語だと子どもは混乱します。大人でも混乱しますよね?考えればわかる事ですが、主となる言葉を覚える時期にアレコレ混ぜた言語を使用すると、教えられたほうがこんがらがってしまうわけです。

結果、ある程度の年齢になっているのにも関わらずどちらの言語もうまく操る事ができないという状態になってしまう事を「セミリンガル」というそうです。

発達の遅れに関わる重大なケースに発展する事もある

「バイリンガルの子供は知力の発達が遅れる。何故なら、人間は言葉を使って物事を考えるからで、習得言語を2つに広げると両方の言語の発達程度が低くなるので、難しい問題を考えようとする時にどちらの言語の発達も未熟となって、頭が混乱してしまう」

「人間の知能は母国語の発達に従って発達していくのだから、まずは母国語を持つ事が一番大切です。母国語の発達は知能の発達だけでなく、性格形成などにも大きく関わってくる」

出典 http://angel.ap.teacup.com

母国語以外に、外国語をぺらぺらと話し操れるバイリンガルを目指して「よかれ」と思って親は教育をしていても、実際は子に悪影響を及ぼす場合があるそうです。必ずしも、そうなるわけではないと思いますが、自分自身に定まった言語がないような時期に、教えてもらう言葉がふたつ存在すると混乱しそうだな、というのは想像できますよね?

言葉の認識が遅くなると、言葉を発する時期も遅れてしまう。言葉を話し始めても、今度は大人が言語を混ぜて話すため混乱し、うまく定まらない状態が続く。結果、知能の発達や性格形成にまで関わってくるという考えもあるようです。

親が話せない外国語は危険!子どものレベルがわからず、セミリンガルになっている可能性がある

両親供が母国語ではないので、実際には子供がどの程度のレベルにいるのかを正しく判断するができないので、特に注意が必要です。

親が「うちの子は大丈夫」とタカをくくって子供からのサインを感じ取るアンテナをしまった日から、その子のセミリンガル人生が始まると思っています。

その時は大丈夫でも、学齢が進むにつれて変化する子供の状況を把握する必要があるものなので、親はアンテナを常に立てておかなければならないと思います。

出典 http://angel.ap.teacup.com

主の言語であることが「日本語(母国語)」であるという事を教えなければ、厳しい状態になりかねないという事態があるそうです。外国語を教えていても、親が外国語を話せない場合、子どもがぺらぺらと話す外国語に満足してしまい、バイリンガルの道へ進ませてしまう。

ところが、実際は外国語をうまく操る事ができていない場合もあり、勉学についていけなくなることもあるようです。ついていけないからといって、母国語の学校へ戻しても母国語さえも不安定となるのが発覚するのは、かなり大人になってからという事もあるようです。

日本人の場合、英語を教えたいと思う両親は多く幼児教育に英語を!というようなセットも販売していると思います。それら全てが悪いとは思いませんし、学習する事に関しては問題ないと思います。

外国語は教える時期がある!というのが今回のポイントになります。

いつから英語(外国語)教育を始めるのがいいのか?

1. 集中して英語を学習する時間を確保すること
2. 失敗や間違いを恥ずかしがらないこと
3. ひたすら英語を聞いて英語の音の慣れることさえできれば、高度な英語力をマスターすることは可能なのである。

英語を話せないと思い込んでいる人で、とりあえず一年間、一日も欠かさず練習したという人はおそらくいないだろう。結局(中略)学習を中断しているはずだ。あなたが英語を話せないのは 1. 必要に迫られていない 2. 学習時間が少なすぎるからだ。

聞く」訓練、「話す」訓練はこれまでの学校教育ではしていないのだから、できなくて当然。もう遅すぎるとあきらめてはいけない。

出典 http://vignette.jugem.jp

ある程度の年齢になれば、日本語(母国語)の扱いがうまくできるようになり表現したい言葉を英語に置き換えるだけなので、セミリンガルにはならないそうです。

ただ、発音等の耳から聞く音に関しては幼児教育を通して成功した方と比べると劣ってしまう部分があるので、「耳から聞く英語」を実践するだけでも幼少期からチャレンジしておくといいのかもしれません。

耳から聞く英語は意外と効果はあるのかな?と思う

私は小さな頃に親が英単語を話すテープを渡されて、遊びながらそれを聴いていました。高校生になり英会話教室に行くためのテストを受けた際に「発音がキレイだけど、どこで覚えたの?」といわれるほどでした。

本当に小さかった頃の話で、小学生に上がる前にはやめてしまったのですが、結果として考えると無意識に覚えている音が影響があったのかな?と実感しています。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス