あなたは結婚したいですか?

結婚したいけど自信が無いという方は、是非参考に読んでみてください。30歳以上の方を想定していますが、もちろん20代の方でも大歓迎です。これは、結婚したいけど、何故か結婚相手になかなか出会えない、相手がいても結婚に至らずに別れてしまい、結婚をすることが難しいと悩んでいる方に読んで欲しいと思っています。

実は私も20代の頃は、「自分は結婚できないのでは?」「誰にも選ばれないのでは?」と悩んだ時期がありました。でも、今は最良の相手と結婚しています。

年代の上昇に比例して減少する未婚率

30歳以上の未婚率はどれくらいなのか?国勢調査を元にまとめられ発表されている総務省統計局の表を、一枚にまとめてみました。

昔に比べて割合は高くなっているものの、それでもやはり未婚率は年齢が進むにつれて減少し、女性は30歳から、男性は35歳から一気に低くなっているのが判ります。つまり、30代以降の結婚はそれだけパートナーの選択肢は限られてくるということでもあります。

数字で出してしまうのはとても簡単ですが、この数字の中には、結婚願望の無い方もいるでしょう。ただ、さまざまな事情があり一括りにはできませんが、出会いというのは必ずしも同世代同士だけとは限らないという点も考えれば、一見低い可能性のようでいて、まだ出会っていないだけだという見方もできると思います。

結婚に何を求めるのか?

あなたにとって結婚とは何でしょう?何を求めているのか考えてみることは大切です。

1、働かずに楽な暮らしをする為の手段

2、周囲が結婚してるから、または周囲に言われるから仕方なく

3、誰かを好きになって幸せになりたい

4、人生を共に歩むパートナーが欲しい

1番と2番の場合は、もう一度本当の自分の気持ちに向き合って欲しいタイプです。このタイプの方は割と多く見受けられ、決して珍しくはないのですが、こんな気持ちで結婚が成立した場合、果たして相手はどう感じるでしょうか?

さらに、問題が起こった場合は婚姻の継続が可能なのでしょうか?実際に良く見られるのが、配偶者(主にご主人の場合が多いですが)が失業または事業が失敗した場合にすぐ離婚を選択する方です。

結婚は、良い時ばかりではありません。困難な状況になった時に相手から簡単に離れてしまうぐらいの気持ちしかないなら、結婚はする必要がないと思います。3番以降の方なら、例え今はチャンスに恵まれなくても、自分の気持ち次第で幸せになる素質が十分ある人だと思います。

強過ぎる願望は逆に遠ざけることも

私の場合、結婚願望が強かった20代は全く結婚のチャンスがありませんでした。交際相手がいて結婚の話が出ることはあっても、話は消えて別れてしまったり、出会う人は全くそんな素振りが無かったり、という具合です。

その当時の私の結婚の目的はどちらかというと「周囲が結婚しているから自分もしたい」というものだったのです。これ、特に20代の後半には有りがちな心理ですよね?

結婚したいのにチャンスが無い、出会いがあっても結婚に至らない。当然ネガティブになっていき、そのうち「結婚できないのかも?」というマイナス思考に支配されます。こうなるともう、逆引き寄せの法則で、悪い状況にはまりやすくなります。

ただ誤解しないで欲しいのは、単純に『引き寄せの法則』を言いたいのではありません。結婚に限らず、何かに固執して焦ったり、ネガティブになっている人に魅力を感じる人はいるだろうか?ということも言いたいのです。

自分に良いイメージを持っている人(潜在意識を活用している人)は成功を引き寄せネガティブな思考をしている人(潜在意識を活用していない人)は失敗を引き寄せるのです。

出典 http://tokumoto.jp

結婚願望をあえて遠ざけてリラックスしてみる

探し物をしている時はまったく見つからないのに、気にしない時にふっと出て来るという経験はありませんか?結婚にも同じようなことがあると、私は感じます。私の場合、30代に突入すると一気に結婚願望が消えました。

正確には、「周りの目を気にして結婚を考えることが無くなった」のですが、代わりに夢中になったのが仕事でした。結婚は「いつかはしてみたいけど、自分に合った人が出てきた時でいい」という思考に変わり、あまり気にならなくなってから夫に出会いました。

このちょっと遠ざけながらも前向きな思考と、物事に打ち込む姿勢がより良い出会いを引き寄せるようです。男性でも女性でも、自分の結婚願望という都合で相手を値踏みする人より、何か目標を持って頑張っている人に魅力を感じる方が多いのではないでしょうか?

固執が無くなることによって、周囲にいる人を「結婚願望」というフィルターを外してちゃんと正当に判断できるようになるのも大きな要因だと思います。出会う相手が本当に自分に合っているか、冷静な判断もしやすくなります。

婚活がいけない、ということではありません。交際相手がいても、婚活するにしても、気持ちを楽にして相手に固執せずにいるほうが結婚に向かいやすくなったり、自分に合った相手に出会いやすいということでもあるのです。

私は32歳の時、結婚を考えていた人とお別れし、もう、好きな人なんてできないのでは?と思いながら過ごしていました。35歳で7歳年下の主人と知り合い36歳で結婚したので大丈夫だと思います。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

ずっと1人でいるつもりでしたが、縁が落ちてきまして....(笑)
40過ぎに結婚して10年、今でも仲良し夫婦やってます。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

安定した幸せに固執しない事も大切

どういうこと???と思うかも知れませんが、もちろん幸せになる事が結婚には大前提です。ただし、それだけを期待してはいけないと私は思います。

結婚相手を決める時に大切なことは、『この人と一緒に苦労ができるか??』という判断もとても重要だと思うのです。それを考えた時に自分の中で『できる!』と思う相手ならするべきだと思います。

結婚は2人での交際とは違います。生活を共にすることで、さまざまな困難も出て来ます。お互いの家族の事情も含んでの結婚です。身内の問題、経済的な問題、子育て、病気など、平坦な時ばかりではありません。

苦労があっても一緒なら大丈夫と、お互いに思える相手が現れた時が、その人の最良のタイミングだと感じています。出産を考えたらタイムリミットはありますが、結婚だけを考えたら年齢は人それぞれ。周囲の目は面倒ですが、幸せになった者勝ちです。

以上、恋愛が下手かも?結婚のチャンスがない、と悩んでいる方に参考にして頂ければ幸いです。周囲を気にした形だけの結婚ではなく、自分のタイミングで本当に幸せな結婚を引き寄せて下さい。

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス