ノルウェー、オスロ南方75kmに位置する”バストイ島”は、島全体が刑務所であり、別名『刑務所島』とも呼ばる島なのですが…この刑務所。実は犯罪者の憧れの刑務所であり、まるでリゾート地を彷彿とさせるような刑務所となっているんです。

リゾートの地のコテージを思わせるこの内装。

食堂も広々としており、ここが刑務所であるなんて信じられません。

本の貸し借りは当然のこと!

最新の筋トレマシーンや

ビリヤード台!

なんと日焼けマシーンまで完備!

これは完全にリゾート地で間違いありません。もちろん、農作業や木の伐採など、刑務作業は行いますが(労働時間はAM8:30am~PM15:30)、一人一人に与えられた木造1戸建に住み、完全なるプライベートを持つ囚人たち。

ネット環境もバッチリとは…正直、羨ましすぎます。

ちなみに、人権先進国と称されるノルウェー。死刑制度はなく、最高刑が禁錮21年なので、77人を一度に殺害した、ノルウェー乱射事件の犯人も、禁錮21年の有罪判決を下されています。

また、バストイ刑務所だけではなく、ノルウェー内の刑務所では、そこまで珍しくないこの刑務所スタイル。更生を促すとはいえ、さすがにこれはやりすぎのような気がしてなりません。

なお、ここ数年、市民の反対によって、閉鎖される刑務所も多いとのことですが、意外な事に”再犯率”は世界的に見ても群を抜いて低いノルウェー。快適すぎる刑務所なのに、なぜ再犯率が低いのか不思議でしょうがありませんが、更生という意味ではしっかりと効果が出ている以上、完全閉鎖はきっとないでしょうね。

賛否両論あり、世界中から注目されるノルウェーの刑務所。皆さんはどのように感じましたか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス