日曜夜に「サザエさん」が始まると、翌日からまた仕事かぁ…と憂鬱になってしまう”サザエさん症候群”。こんな言葉ができるほど、休みの日の夜はなんだか気持ちが沈みがち。

そんな仕事前日の夜に観ると元気をもらえて、なんだかハッピー気分になれる映画を集めてみました。

キューティ・ブロンド [LEGALLY blonde]

陽気で天然ブロンド美人のエル・ウッズ。大学ではファッション販促を専攻し、成績も優秀で女性社交クラブの会長を務めるほどの人気者。そんなエルがいま何よりも待ち望んでいるのが政治家志望の恋人ワーナーのプロポーズの言葉。

しかしある日、ワーナーが切り出したのは別れ話。議員の妻にブロンドはふさわしくないというのが理由。突然のことに動転するエルだったが、ワーナーがハーバードのロー・スクールに進学すると知ると、自分もそこに進みワーナーに認めてもらおうとファイトを燃やし、みごと超難関の試験を突破するのだったが……。

出典 http://tsutaya.tsite.jp

パッケージからピンク色全開なので、こういう系の映画はニガテかも…と門前払いしないでください!主人公・エルの快進撃がものすごく清々しい!そしてファッションや小物、髪型、持ち物まで全部がかわいい。

勉強するにしてもエルの周りはピンク色♪元彼・ワーナーのダメ男にも腹が立ってきますが、そこもエルならではの返し方で思わずニヤッとしちゃうかも。全編、観ているだけで気分がアガります。

続編の「キューティ・ブロンド2」はこの作品のその後を描いた作品なので、そちらもオススメです。

プラダを着た悪魔 [THE DEVIL WEARS PRADA]

ローレン・ワイズバーガーの同名ベストセラー小説をアン・ハサウェイとメリル・ストリープの共演で映画化したおしゃれなコメディ・ドラマ。ひょんなことから一流ファッション誌で働くことになったヒロインが、鬼のような上司に振り回されながらも恋に仕事に奮闘する姿をユーモラスかつ等身大で描き出す。

大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディが就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。オシャレにとことん疎い彼女は、それが次へのステップになればという程度に考えていたのだが…。

出典 http://tsutaya.tsite.jp

アン・ハサウェイ扮するアンディが、ダサダサの格好からどんどんキレイになっていくところはさすが。ファッションやメイクを変えるだけでこんなに女子は変われるんだ…ということを再確認させてくれます。

メリル・ストリープは鬼編集長のミランダ役ですが、この役は彼女のためにあったのではないかと思えるほど馴染んでいます!アンディへの冷酷な態度には観ているこちらもいい気分がしないかも。

でも、アンディとミランダの関係性がすごく少しづつ変化していく点、アンディ自身も自分を見つめ直すところなど、自分と重ねて観れるので共感ポイント多め。

BGMも秀逸!翌日からのBGMにしたくなっちゃうかも。

トゥー・ウィークス・ノーティス [Two Weeks Notice]

秀で正義感が強く社会奉仕活動に熱心な女性弁護士ルーシーは、彼女が生まれ育ったここニューヨークの由緒ある公民館の取り壊しを阻止しようと懸命だった。彼女は、取り壊しを強行しようとするニューヨーク最大手の不動産会社ウェイド社を直談判に訪れた。

ウェイド社のトップはGQの表紙を飾るほどハンサムな人気者ジョージ・ウェイド。折しも優秀な顧問弁護士を探していた彼は、公民館存続を条件にキレ者のルーシーを雇い入れることを提案する。ルーシーは悩んだ末にその提案を受け入れるのだったが…。

出典 http://tsutaya.tsite.jp

ラブコメ界のトップとも言える、ヒュー・グラントとサンドラ・ブロックの共演作。笑えるポイントがたくさんあって、細かいところまで見逃せません!

サンドラ・ブロック扮するルーシーの個性的すぎるキャラクターは歩き方までおもしろい。この2人が反発し合いながらも、ジョージがいつの間にかルーシーを頼っていたり…と気づかない間に気づかないところでストーリーは進んでいきます。

メジャーリーグの一場面がありますが、そこでバッターボックスに立っている選手は当時メジャーリーグにいたあの有名な選手!というところもお見逃しなく。

ホリデイ [the Holiday]

アメリカとイギリスに暮らす2人の女性が、クリスマス休暇の間だけお互いの家を交換する“ホーム・エクスチェンジ”で、それぞれに運命の恋と出逢うさまを描いたロマンティック・コメディ。監督は「恋愛適齢期」のナンシー・マイヤーズ。

ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、未だに忘れられずにいた元恋人の婚約発表を目の前で見せられ動揺する。一方、ロサンジェルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは、同棲中の恋人とケンカ別れしてしまう。

そんな傷心の2人は、インターネットを介して出会い、“ホーム・エクスチェンジ”することになるのだが…。

出典 http://tsutaya.tsite.jp

日本ではほとんどない習慣の”ホーム・エクスチェンジ”をきっかけにはじまる4人のつながり。ラブコメの女王、キャメロン・ディアスが本当に表情豊か!

ジュード・ロウのかわいい一面があちこちで見られるので、ちょっとしたシーンでも必見!ケイト・ウィンスレットは「タイタニック」とは真逆の役柄で笑顔が印象的!

そしてジャック・ブラックはさすが。この映画でもアドリブが多いという話を聞いたことがありますが、自然体すぎ!ちょっと切ないシーンなんかは、彼に同情してしまうはず。

仕事が忙しいから休めない、ではなくて休まないと自分自身を追い込むことになります。主人公・アイリスの思い切った”ホリデイ”、自分にも必要かも?と考え直してしまいたくなります。

幸せになるための27のドレス [27dresses she's about to find the perfect fit]

「グレイズ・アナトミー」のキャサリン・ハイグル主演のロマンティック・コメディ。27回も花嫁付添い人として友人の幸せを見届けてきたヒロインが、ようやく自分自身の幸せを見つめて一歩を踏み出す姿を描く。

世話好きのジェーンは人の幸せばかりを気にかけ、いまや結婚式では花嫁付添い人のスペシャリスト。ところが、そんな彼女も自分の恋には臆病で、片想いの上司ジョージにいつまでたっても想いを告げられずにいた。

そんなある日、ジョージがジェーンのわがままな妹テスと出会って一目惚れ、あっという間に結婚まで話が進んでしまうのだった。ショックを隠して2人の結婚準備に奔走するジェーンだったが…。

出典 http://tsutaya.tsite.jp

自分のことは一番後回しで、周りの人たちを最優先にしすぎていませんか?ある程度、周りの人たちのことを考えてあげるのはもちろんいいことですが、それもほどほどに。そういった人たちにぜひ観てもらいたい作品です。

ラブコメですが、主人公・ジェーンが自分自身の気持ちを抑えて行動する姿には、胸が痛くなるかも。でもそれは、観ている人自身にもあり得るかもしれないこと。ジェーンに自分自身を重ねて、ちょっと行動を変えてみよう!と一歩踏み出す勇気をもらえます。

”ブライズ・メイド”として27回色とりどりなドレスを着たジェーン。そのドレスのシーンも様々なデザインのものが出てくるので観ているだけで楽しい!

ブリジット・ジョーンズの日記 [Bridget Jones's Diary]

日本を含む世界各国でベストセラーとなったヘレン・フィールディングの同名小説を映画化した爽やかコメディ。

ブリジット・ジョーンズは出版社勤務のOLで32歳、独身。彼女は新年にあたってひとつの決意をする。

「日記をつけ、タバコとお酒を控えめにし、体重を減らして、恋人を見つける!」そして、「ハンサムな上司ダニエルには気をつける」――はたして彼女の誓いは無事達成されるのか?

出典 http://tsutaya.tsite.jp

32歳独身女子。どこにでもいそうな女子をレニー・ゼルウィガーが全力で、でもそこにいるかのように演じています。ヒュー・グラントのチャラ男ぶりも最高。コリン・ファースはカタブツの弁護士役ですが、そのファッションにはある意味注目!

何歳でも、どんな状況からでも”いま”を変えられる!いつどこで誰とどういう出会いをするかわからない!仕事に恋愛に一生懸命なブリジットの姿にとにかく元気をもらえます!

観たらわかりますが、元祖”ありのまま”ですね。

そんな彼なら捨てちゃえば?[He's just not that into you]

恋愛における様々な段階で男のホンネを読み誤っては失敗を繰り返す女性たちの苦労と不満をコミカルに綴る群像ロマンティック・コメディ。TVドラマ「SEX AND THE CITY」のスタッフが手掛けた全米ベストセラーを豪華キャストで映画化。

同僚のジジ、ベス、ジャニーンは、互いの私生活も相談し合う仲良し3人組。失恋ばかりのジジはデートした相手から連絡がないことを好意的に誤解し、一方のベスは結婚に踏み切ろうとしない同棲相手に愛想を尽かす。

そして、唯一の既婚者で夫婦円満に思われたジャニーンも、新居のことに夢中で夫の変化に気づかずに…。

出典 http://tsutaya.tsite.jp

スカーレット・ヨハンソンやブラッドリー・クーパーなど主役以外の出演者が主役ではないはずなのに、全員キラキラしています。ラブストーリーですが、人間としての成長も垣間見える、悩みながらも前進しくポジティブさはちょっと見習いたいところ。

そして女子は、冒頭からの”女子なぐさめあるある”にはツボすぎて笑ってしまうかも。痛いところを次々ついてくるところ…聞いていて苦笑いしてしまったら、自分に当てはまるところがある証拠かも!?

SEX AND THE CITY

4人の独身女性のファッショナブルなニューヨーク・ライフを赤裸々に描き日本でも女性を中心に社会現象をもたらした大ヒットTVドラマの劇場版。TVシリーズの最終話から4年後を舞台に、ヒロイン4人の友情とそれぞれ歩み始めた人生の行方を綴る。

ベストセラー本を出版し、私生活でもミスター・ビッグと順調な関係を築いているキャリー。恋人の俳優とロサンゼルスに移り住んだサマンサ。養女を授かり念願の母親となったシャーロット。

弁護士の仕事と家庭の両立に奮闘するミランダ。そんな彼女たちは今も変わらず固い友情で結ばれていたが…。

出典 http://tsutaya.tsite.jp

言わずと知れた全世界の女子のバイブル「SEX AND THE CITY」の劇場版。その生き様、ライフスタイル、ファッション、スイーツなどなど憧れちゃうところがたくさん!

女子が楽しくおしゃべりしたり、おいしいものを食べているだけでキラキラするんですね♪

結局は、誰にでも悩みや葛藤はあるもの。それを乗り越えるたびにまた人間として成長できます。彼女たちも同じで、たまにぶつかり合ったりするところも本音で話せている証拠ですね。

ラブ・アクチュアリー [love actually]

12月のロンドン。クリスマスを目前に控え、誰もが愛を求め、愛をカタチにしようと浮き足立つ季節。新たに英国の首相となったデヴィッドは、国民の熱い期待とは裏腹に、ひと目惚れした秘書のナタリーのことで頭がいっぱい。

一方街では、最愛の妻を亡くした男が、初恋が原因とも知らず元気をなくした義理の息子に気を揉み、恋人に裏切られ傷心の作家は言葉の通じないポルトガル人家政婦に恋をしてしまい、夫の不審な行動に妻の疑惑が芽生え、内気なOLの2年7ヵ月の片想いは新たな展開を迎えようとしていた…。

出典 http://tsutaya.tsite.jp

全員が知らない間にどこかでつながっていて、観ている側からは点と点が線になります。それぞれの悩みや想い、複雑な感情が重なり合うなかで少しずつ物語は進んでいきます。

とにかく気持ちがあったかく、ほっこりする名作。心がカサカサになっている人には特にオススメ。

ラブコメの帝王、ヒュー・グラントが出演していますが、いつものラブコメ感は少なめで、マジメに恋してしまう役を演じています。

観たことがある映画でもまた観てみると違うかも!

この9選は有名どころが多いですが、観たことがあるから…とスルーせずに、あらためて気になったものをぜひ観てみてください。その時観ている人の環境や心境によって、映画から受けるパワーも違うはず。

どれも最後はハッピー気分で明るい気持ちになれますよ♪

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス