記事提供:カラパイア

その家には娘がいた。最愛の娘に最愛の友をと、父親はある施設を訪れ、幼い少女を譲り受けた。この日は娘の誕生日。このサプライズに大喜びする家の娘。

家族は娘同然にこの少女をかわいがった。そして娘もこの少女と楽しそうに遊んだ。だが、そんな愛情にあふれた日々もそう長くは続かなかった。

徐々に家族の心が離れていった。家の娘が次の誕生日を迎えたときには、もう収集がつかない状況に陥る。そしてついに…

そして衝撃の結末が…

最後にこの少女の正体が明かされることとなる。

出典 YouTube

施設を訪れ幼い少女を譲り受けた父親

その日は我が娘の誕生日。娘は新しい妹ができたことに大喜び。

共に遊ぶ楽しい日々

出典 http://karapaia.livedoor.biz

そして1年が過ぎ、娘の誕生日。家族との愛情は月日と共に徐々に薄れていった。

クランベリージュースをこぼしたことで母親が激昂

出典 http://karapaia.livedoor.biz

家族団らんの食事も蚊帳の外

娘も遊んでくれなくなった

出典 http://karapaia.livedoor.biz

母親も

出典 http://karapaia.livedoor.biz

そして父親も

誰もかまってくれない。そんな淋しさの中、1人部屋の中にこもっていたが、あまりにも散らかし過ぎだとしてまた両親に叱られる。

もうこれ以上はと判断した両親

出典 http://karapaia.livedoor.biz

一番大切にしているぬいぐるみと共に少女を車に乗せ…

もうとっくに気が付いたことだろう。そう、この少女は、人間の少女ではない。1匹の犬の少女だったのだ。
 

このショートフィルムは、安易にペットを飼い、飼いきれないという理由で簡単に手放してしまうことの是非を問うものである。

タイトルとなっている「GIFT(贈り物)」の真意は、地球上のすべての生き物が贈り物であり、それぞれの価値がある命である。という意味だ。

子どもが生まれた、引っ越す、言うことを聞かないなどという理由でペットを手放すものもいれば、誕生日に子供が欲しがったという理由でおもちゃを買う感覚でペットを飼う人がいる。

我々人間が生き物に与える影響はとても大きい。それ故に巡り合えた生命をどうぞ見捨てないでほしい。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス