4月16日付のABCニュースで。

4月16日付のABCニュースの1本の記事が視聴者、読者の胸に刺さると大きな反響を呼んでいます。

この”生徒たちの声”をABCニュースにシェアしたのはコロラド州デンバーで小学校教諭をしているカイル・シュワルツさん。彼女は現在3年生のクラスを受け持っています。


Although she says her students are a pleasure to look after, the educator of three years adds that many of them come from underprivileged homes.

カイルさんは教師として子供たちと関われる事に喜びを感じつつも、多くの生徒たちが恵まれない家庭環境で生活している事に気付いたのです。

"Ninety-two percent of our students qualify for free and reduced lunch," Schwartz tells ABC News. "As a new teacher, I struggled to understand the reality of my students' lives and how to best support them. I just felt like there was something I didn't know about my students."

“生徒のうちの92%が無料、もしくは減額補助を受けた給食を食べています。”カイルさんはABCにこう語っています。“私は彼らの新任教師として、彼等の生活環境や実際置かれている状況を把握し、出来るだけ助けてあげたいと思ったんです。私の知らない何かが生徒たちに起こっていたから”

出典 http://abcnews.go.com

出典 http://www.gettyimages.co.jp

※イメージです。

"I Wish My Teacher Knew."(先生が知っていてくれたらいいのに)

カイルさんは生徒たちに一つのプログラムの取り組みとして"I Wish My Teacher Knew."という課題を設けました。

それはその言葉のまま、カイルさんは知らない事、でももし知っててくれたらどれだけ良かっただろう。という生徒たちの願い。

カイルさんは生徒たちの心を開きたい、とこの質問を与えました。

そこには、、、心に刺さる子供たちの切ない声が。

出典 http://abcnews.go.com

”先生が、私には一緒に遊ぶ友達が一人もいないって事、知っていてくれたらいいのに。。。”

出典 http://abcnews.go.com

“先生が、私がどれほど私のお父さんを恋しがってるか知っていたらいいのに。私のお父さんは、私が3歳の時にメキシコに強制送還されて、それから6年間、一度も会えてない。”

出典 http://abcnews.go.com

“先生が、私が大学へ行きたいって事知っててくれたらいいのに。”

出典 http://abcnews.go.com

“先生が、私の家には宿題をやるための鉛筆すらないって事、知っててくれたらいいのに。”

出典 http://abcnews.go.com

“お母さんはたまにしか私のそばにいないから、たまに確認の保護者サインが貰えてないってこと、先生が知っててくれたらいいのに。”

カイルさんはこの現状に胸が張り裂ける思いで生徒たちの声を名前等伏せた上でTwitterに投稿。それが大きな反響を呼び、ABCニュースのアクセスも1日で7万件に上っています。

あなたはお子さんとの時間、上手に取れていますか?

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス