2015年4月21日、あのTACO BELL(タコベル)が遂に日本再上陸!

出典 http://www.tacobell.com

2015年はメキシカンフードが熱い!全世界に6000店舗を展開する、アメリカ育ちのメキシカンファーストフードTACO BELL(タコベル)がいよいよ日本再上陸!タコスやブリトーが手軽に楽しめます!

TACO BELL(タコベル)は今後海外展開に力を入れ、日本を含む1300店舗をアメリカ国外でオープンすることを発表。2015年4月21日、東京・渋谷の道玄坂にオープン予定。国内出店に向けて、「牛角」などを運営するアスラポート・ダイニングがフランチャイズ契約を結びました。

各グルメニュースサイトでも話題になりました

場所は渋谷駅から徒歩3分!店舗はこんな感じ!

外観

出典 http://dagza.net

TACO BELL(タコベル)渋谷道玄坂店の詳細情報

所在地:東京都渋谷区道玄坂2-25-14
電話番号:03-6427-8543
営業時間:10:00~23:00

店内(1階)

出典 http://dagza.net

こちらは1階の様子。日本一号店は2階建てになるそうです。1階のレジ奥にはキッチンカウンターを設置し、実際に調理している様子が見えるみたいですね。タコベルはオーダーを受けてから調理をするスタイルですので、待ち時間がやや発生するものの、これなら楽しみながら待てそう!

すでに現地を訪れた方も

出典 https://twitter.com

すでに現地の様子がSNS上に続々とアップされています。

ちなみに海外の店舗はこんな感じです

出典 http://umalog.exblog.jp

こちらは筆者がハワイ旅行時に見かけたタコベルの店舗のひとつです。かなり開放的ですね。また、ハワイではショッピングセンターなど観光客が訪れる場所には必ず出店したいように思います。

TACO BELL(タコベル)はアメリカ発のメキシカン・ファストフード

出典 http://www.tacobell.com

タコスやブリトーなどのメキシカンフードを提供するタコベルは、1962年にアメリカ・カリフォルニアでグレン・ベル氏により誕生しました。その後、アメリカを中心に世界6000店舗以上を展開している人気メキシカン・ファストフードのチェーンです。

実は、かつて日本にも上陸済み!1980年代に初上陸したもののその後撤退しており、現在では基地の中でしか食べられない幻のタコスとなっていた為、再上陸を喜ぶファンは多くいるみたいです。

日本国内店舗は株式会社アスラポート・ダイニングが運営

株式会社アスラポート・ダイニングの取締役会はTaco Bell Corp.との間でTACO BELL(タコベル)日本国内出店を目的としたフランチャイズ契約を締結することについて決定した(平成27年2月26日)。

*Taco Bell Corp.とは… YUM!Brands,Incの子会社で、YUM!Brands,Incは世界125カ国で41,000店舗以上のレストランを運営している世界最大規模のフードサービス企業であり、ケンタキーフライドチキン・Pizza Hatも同社の子会社である。

*株式会社アスラポート・ダイニングとは… 牛角、とりでん、おだいどこ、などの飲食店を展開。

実はすでに日本には上陸済み、一度撤退しているタコベル

実はTACO BELL(タコベル)は1980年代後半にかけて東京と名古屋に出店していました。売上がなかなか伸びず、1990年代前半に撤退しています。現在、日本では横田基地の米軍施設内に店があるだけで、基地関係者以外の一般人は利用できない状況です。

日本撤退の原因は色々あると思いますが、当時のブームはハンバーガーであり日本でのタコスの認知度がまだまだ低かったのが原因なのでは?と言われています。

また、当時は海外旅行に出かける人が少なかった為、メキシコ料理の味に慣れてなかった=リピーターが少なかったという見方も。

TACO BELL(タコベル)日本一号店の提供メニューは?

出典 http://osaka-ch.com

アメリカ発のメキシカン・フード…という事で、TACO BELL(タコベル)のメニューにはアメリカンテイストが加わっています。正確にはテキサス風メキシコ料理、「テックス・メックス料理」と呼ばれるんだそうです。

多くの同業者がハンバーガーを作っているのに対し、TACO BELL(タコベル)はタコスやブリート、ナチョスなどのメキシカン風料理を中心に提供を続け店舗数を増やしました。
(※写真はすでに公開されている日本一号店のメニュー表)

1. Tacos(タコス)

出典 http://dagza.net

トウモロコシの粉や小麦粉を焼いたトルティーヤに肉やレタス、チェダーチーズなどの具材を入れたものがタコスです。

★メキシコのタコスは?
メキシコ人の主食であるトウモロコシのトルティーヤで様々な具を包んで食べる、まさに国民食と言えるものである。"taco"という単語その物が「軽食」を意味する。

★アメリカのタコスは?
アメリカで人気があるハードタコは、上の写真のようにトルティーヤをU字型に折り曲げ、トスターダのように油で揚げた硬いタコシェルに味をつけて炒めた牛挽肉、レタスの細切り、トマト、おろしチーズを隙間に詰めて食べる。TACO BELL(タコベル)のタコスはこちらが近い。

2. Burritos(ブリトー)

出典 http://dagza.net

スペイン語で「小さなロバ」を意味するブリトーは、ブリートとも呼ばれる。好みの肉、サルサ、ライスと野菜をトルティーヤで巻いたもの。

こちらもアメリカ版のブリトーとなっており、アメリカ合衆国で一般的によく食べられる、米、インゲンマメ、レタス、トマト、サルサ、ワカモレ、チーズ、サワークリームなどをたっぷりと入れて巻いた、一つで十分食事になるぐらいの大きなブリトーがTACO BELL(タコベル)では提供されると思われます。

出典 http://osaka-ch.com

こちらはTACO BELL(タコベル)日本限定メニューのシュリンプ&アボガドブリトー。
美味しそうです!

3. Crunch Wrap(クランチラップ)

出典 http://www.mycnymommy.com

具材を層にして5角形に包んだクランチラップ。TACO BELL(タコベル)ではいずれもオーダーを受けてから仕上げ、さらに肉など具材をカスタマイズできる楽しさも提供するそうです。

4. Taco Rice(タコライス)日本限定メニュー

出典 http://osaka-ch.com

こちらはTACO BELL(タコベル)日本限定メニュー、タコライス。もともとはタコスの具である挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に載せた沖縄料理です。辛みをつけたサルサ(スペイン語で「ソース」の意)を乗せて食べると美味しいんですよ。

TACO BELL(タコベル)の日本再上陸に歓喜の声が続出中!

出典 http://fooddesignpost.info

海外旅行へ出かけた時にしか食べられなくなってしまった、TACO BELL(タコベル)。その為、日本再上陸のニュースが出回るやいなや、ネット上では歓喜の声がまたたく間にSNS上に広まりました。
また、その他では一度撤退した事への懸念や、実際に現地へ足を運んだ人の速報なども…。注目を浴びているのは間違いないですね。

オープン当日は行列必至!並ぶ覚悟で!

出典 http://netafull.net

オープン初日から当面の間は行列必須と思われますので、並ぶ覚悟で!また、オープン特典として先着100名に特別なプレゼントも用意しているという情報もあるので、気になる方はこまめに公式サイトをチェックし、早めの到着を心掛けましょう。

TACO BELL(タコベル)だけじゃない!2015年、メキシカンフード店が続々と出店中

Guzman y Gomez(グズマン イー ゴメズ)

出典 http://bia-unsw.net

オーストラリア発のメキシカンダイナー、Guzman y Gomez(グズマン イー ゴメズ)も日本初上陸。2015年4月29日、ラフォーレ原宿に日本1号店がオープン予定。

運営するのはトランジットジェネラルオフィスの子会社である、トランジットメキシカンフードオペレーション。オープン初日にブリトーを無料配布する「フリーブリトーデー」を実施する予定だそうです。

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス