記事提供:FunDo

親友だった金魚が死んでしまい驚くべき行動をとった後、号泣する少年の映像が話題となっています。

トップという名前をつけ大事に育てていた金魚の亡きがらを大事に持っているひとりの少年。本当に好きだったのか、何度もトップにキスをしてお別れをしています。

すると母親から「どうするの?」と尋ねられると少年は「トイレへ流すの」と躊躇なくトップを便器に入れてしまいます。

水を流すレバーを引き流されていくトップを悲しげに眺める少年。その後、少年はトップが本当にいなくなったことを実感したのか悲しくなり泣いてしまいます。

<続きの映像はこちら>

出典 YouTube

日本だと飼っていた金魚が死んでしまったら、お墓を作って土に埋めてあげることが一般的に思われるため、トイレに流すことにはかなり驚きがありましたが、欧米などでは一般的にやられていることだそうです。

決して生き物を粗末に扱っているわけではないですが、少年は大好きだったトップとの別れで命の大切さを学んだのだろうと思いたいですね。

出典:YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス