ネットは匿名で顔が見えないから安心だとまだ思っているのでしょうか?

ネット上で良く見かける批判。中には過剰になり、誹謗中傷のレベルになっている書き込みも時々見られ、場合によっては誹謗中傷された側がサイトやSNSを止めざるを得なくなるパターンも珍しくありません。

勿論、批判される側にも問題が見られる場合もありますが、軽い批判のつもりが気をつけないと加害者として罰せられてしまう場合について書いていきたいと思います。

匿名と顔が見えない『安心感』から来る落とし穴

私も人を傷つけたことが無い人間というわけではありません。

故意にではなくとも、相手への配慮が欠けていたり、自分の勉強不足であったり、何らかで傷つけてしまうという経験はあります。リアルでもネットでも気づいた時点で謝罪は心掛けていますが、気づかずに過ぎてしまっている事もあるかも知れません。

ネット上では、匿名と顔が見えない状態での書き込み、情報の発信が可能です。勿論、中には誰かが言わなければいけない批判や指摘を、匿名だからこそ伝え易いという面もあります。

しかし、匿名と顔が見えないことで他人を必要以上に批判してしまう傾向の方も見られます。

軽い批判のつもりが発展して問題になる傾向も

批判や指摘の域を超え、必要以上の誹謗中傷になった場合、個人の社会的評判や企業の売り上げを落とすことで実害を招くパターンも多く、それらは場合によっては犯罪告訴や訴訟へ発展することも珍しくありません。

さらに過剰になり『脅迫』になった場合は、ご存知のように当然捜査対象になります。警察や裁判所、法律の専門家などが介入すれば、匿名は意味の無いものに変わってしまうのです。

そうですね。私も必要以上の誹謗中傷や名誉毀損があったら、すぐ相談できる弁護士もおりますし、訴訟は考えるかも知れませんね。

弁護士が法律の元、インターネット上の悪質な悪評や誹謗中傷されているサイト、書き込みを徹底削除いたします。

弁護士が法律の元、インターネット上の中傷者を特定後、書き込みを削除し、書き込んだ人物への法的措置を行います。

出典 http://justice-judgement.com

ネットの誹謗中傷で警察が動き、適切な措置対応を行ってくれたり、場合によっては起訴や逮捕まで至ったケースもゼロではありません。

出典 http://myfastbanner.com

行き過ぎた表現で名誉毀損罪に発展し、多額の損害賠償が発生することも

明らかに脅迫になる言葉は判りやすく、熱くなってしまった場合でも多くの方はうっかり書き込んでしまう事も無く常識的に回避されていると思います。

反面、批判・指摘と誹謗中傷の境目は、感情的になってしまっている時には判断が難しくなってしまうかも知れません。

しかし、感情のままに書いてしまったことで、不特定多数の誰もが閲覧可能なネットという性質上、名誉毀損として懲役または罰金が発生する事もあるのをご存知でしょうか?

さらに、個人や企業に対してその評価を下げ、営業妨害になるような表現まで用いてしまった場合には、その損害を請求されるということは全く珍しくありません。

この場合は刑事告訴ではなく民事としてまず訴訟を起こされる事が多いかと思いますが、ある日突然相手方の弁護士が代理人として連絡をしてくる、またはいきなり裁判所から訴状が届くといった具合に生活が一変することもあります。

しかも、民事でも刑事でも訴訟は起こせるので、場合によっては両方という可能性も出て来ます。

ところで、何故匿名なのに個人の特定ができるか?
それは、被害者側の訴えが相当と判断され、裁判所や警察がIPアドレスなど個人を特定する為の情報の開示要求をすれば、ブロバイダ側は協力する義務が生じるからです。

名誉毀損罪(刑法230条)

公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

出典 http://www.cyber-eraser.jp

公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立する(刑法230条1項)。法定刑は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金である。

出典 http://ja.wikipedia.org

掲示板の管理者やプロバイダーでは、一定の間アクセスされた記録についての保持、プロバイダ責任制限法によって義務付けられています。この法律により、警察や法的機関による請求に対し、プロバイダーはIPアドレスを公開する必要が生じ、公開されたIP登録者情報から、書き込んだ個人または契約者の割り出しを行います。

上記の理由より、IPアドレス開示を行なうことで、書き込んだ個人の特定、それに基づく個人に対する損害賠償請求を行なうことができます。損害賠償請求については、民事および刑事事件の2種類があり、IPアドレスが特定されていることにより、刑事事件での告訴も行いやすくなります。そのため名誉毀損により相手を訴える場合には、必要となるものです。

出典 http://www.cyber-eraser.jp

もしも、誹謗中傷で実害が出てしまったら

もし、私が誹謗中傷や名誉毀損されていたらこうします

私がもしネット上で名誉毀損となる書き込みを見つけたら、恐らく暫くは放置してみますね。法的な問題も知らずに書いている場合が多いと思いますし。そしてその後の対応をまず見ます。拡散もなく短期間で削除されていたらOK。

数ヶ月後も削除が無く、仕事上や評判を落とすような表現である場合には、以前も裁判をお願いした弁護士に依頼します。同時に警察へ。
慰謝料や損害賠償の請求などを弁護士を通してするでしょうね。場合によっては民事訴訟と刑事訴訟でやってみるかも知れません。ライターとしての興味もありますし。

まあ、大人の対応ですよね。もちろん、あくまでも悪質な場合です。

ただ、一般的にはスピード解決が良いとしているようですので、被害に遭った方は、見つけ次第警察や法律家に相談するのがいいと思いますが。

匿名だから安心なんて、いまだに思っていたら危険です

悪気の無い間違いや誤解に対しての批判や指摘は勿論ですが、例え腹立たしい態度の相手だとしても、誹謗中傷したり、最悪脅迫に及んで加害者になってしまってはせっかくの正義も意味がありません。

最近はスマホなど、場所を問わず発信しやすい環境が揃っているので、感情のままの安易な発信は増えていると思います。

うっかり過剰な批判や誹謗中傷をしてしまった方は、早急に削除しておくことをお勧めします。相手を傷つけた場合は必要に応じて謝罪文を掲載したり、通信が可能であれば和解しておくのも望ましいと思います。

相手によっては気づいていても寛容に対応している場合もあるでしょうし、精神的にショックを受けているかも知れません。長らく放置されていても、訴訟のタイミングを計っているだけかも知れません。

お互いの生活に支障が出ない、気持ちよいネット利用ができることが一番望ましいですし、私自身も心掛けて行こうと思います。

そして、正義のつもりが行き過ぎて加害者にならないよう、気をつけて欲しいと感じます。

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス