ナチュラルなライフスタイルをお伝えするラトビア共和国在住ライター“なチュらと”です。

今回は「毎日フルマラソンを走ったニュージーランド人の60代スーパーカップル」をご紹介します!!!

出典 http://rawveganpath.com

366日フルマラソン(43キロ)を毎日走り続けるニュージーランド人、アラン・マレイ(Alan Murray)さん(左)とジャネット・マレイ-ウェイクリン(Janette Murray-Wakelin)さん(右)のご夫婦

Alan・Janette夫婦オーストラリア一周マラソンの軌跡

出典 http://rawveganpath.com

2013年+2014年元旦の366日を通して夫婦で走行したフルマラソンの行程マップ

いや、私も最初は「そんな、毎日フルマラソンを走ったなんて冗談でしょー??」と思ったのですが、いえ、本当なんです!!

Throughout the year 2013, to inspire and motivate conscious lifestyle choices, to promote kindness and compassion for all living beings and to raise environmental awareness for a sustainable future, we ran together around Australia, 15,782km, running 366 marathons (43 km) each in 366 days, no days off.

出典 http://rawveganpath.com

要約しますと、
「2013年の年間を通して、私たちは夫婦一緒に366日366本43キロのフルマラソンを走りながら、一日たりとも休まず、オーストラリア中を巡り、走行距離15,782キロを走りました。」と書かれてあります。

あれ??でも、なんで365日じゃなくて、“366日”なんでしょう?

Janette and Alan finished running 365 marathons in 365 days in Melbourne December 31, 2013. On January 1, 2014 they ran one more marathon #366 to set a new World Record for the most consecutive marathons, the only couple to Run Around Australia, both 60+ years young, fueled entirely on a raw vegan plant-based diet and wearing barefoot shoes!

出典 http://rawveganpath.com

2013年12月31日に1年365日365本フルマラソンをメルボルン到着をもって終えていたJanette・Alan夫妻だったのですが、365日走り続けた世界記録保持者が他にもいる!ということを聞きつけ、更なる新世界記録を樹立するため翌日1月1日元旦に366回目を走り、このオーストラリア一周366日マラソンを完走させたのです!

またご夫婦はオーストラリア一周を完走した唯一の60代カップルであり、新世界記録に新たな歴史が刻まれました。まったく、どこまでも凄すぎるご夫婦です。

実は妻・Janetteさんは乳がんで余命6ヶ月だった…

実は、Janetteさんは52歳の時に3センチの悪性腫瘍の乳がんで6ヶ月の命だと宣告されていました。

愛する夫に2人の子供、そして孫も生まれたばかりという幸せいっぱいな当時のJanetteさんにはあまりにも辛い宣告でした。

しかしJanetteさんは余命宣告の診断を「これは体からのサイン!自分の体を見つめなおす機会が与えられたのだ!」と前向きに捉え、従来の放射線治療は断り、徹底的に自身のライフスタイルを見直します。

その結果、余命宣告の6ヶ月を過ぎても命を失うことは無く、1年後の孫の誕生日パーティーにも出席するほどの回復ぶりをみせ、結果的にがんサバイバー(ガンを克服した人)として生き残ることに成功したのです。

その後Janetteさんはがんサバイバーとして多くの人に自らの治癒経験を伝え、希望を与えるためにリトリートを立ち上げますが、それでも言葉を伝えられる人数に限りがあると悩んでいる時に「マラソンをしてはどうか?」と思いつきます。

それがオーストラリア一周マラソンを始めるきっかけだったのです。

以下の動画はオーストラリアの独立系メディアがオーストラリアを一周するために毎日フルマラソンをしていた時のお二人を取材した時の記録です。

出典 YouTube

オーストラリアの独立系メディアのインタビュー画像

何歳であっても、遅すぎることは無い!

「自分たちが食生活を見直し、自覚したライフスタイルを始めたのは50代も半ばに入った時。今は60代だが、“何歳であっても自分の人生を変えるのに遅すぎることは無い”」と上記動画で語ってらっしゃるAlanさんの言葉です。


52歳の時に患った乳がんを完治させたことがきかっけで始まったオーストラリア一周フルマラソンの旅路。

「多くの人に“勇気”や“希望”、ポジティブなメッセージを伝えたい!」という強い思いから毎日走り続けたご夫婦からは、ポジティブなメッセージはもちろんのこと、ポジティブなエネルギーが伝わってきて、「よし!自分も自分の人生、楽しく頑張ろう!!」という思いにさせられました。


「よし!走ろう!!」

他のおススメ記事!

この記事を書いたユーザー

なチュらと このユーザーの他の記事を見る

関西出身・ラトビア共和国在住のナチュラル派公式ライターの“なチュらと”です。
世界でも有数の自然が息づくラトビアから、ナチュラルで魅力的な情報を発信してゆきます☆
また自身でもナチュラルなビーガンライフスタイル情報サイト(http://www.cocoraw.jp)を運営しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス