ワールドカップ予選に挑むハリルジャパン

出典 http://www.gettyimages.co.jp

2018年W杯ロシア大会にむけたアジア2次予選の対戦相手が決定しました。

日本はE組に入り対戦相手はシリア、アフガニスタン、シンガポール、カンボジアに決定。シリア・アフガニスタンと情勢不安を抱える2カ国を含む組み合わせです。この2チームをはじめ一体どのような対戦相手なのでしょうか?

アジア2次予選組み合わせ

<A組>UAE、サウジアラビア、パレスチナ、東ティモール、マレーシア

<B組>オーストラリア、ヨルダン、タジキスタン、キルギス、バングラデシュ

<C組>中国、カタール、モルディブ、ブータン、香港

<D組>イラン、オマーン、インド、トルクメニスタン、グアム

<E組>日本、シリア、アフガニスタン、シンガポール、カンボジア

<F組>イラク、ベトナム、タイ、インドネシア、台湾

<G組>韓国、クウェート、レバノン、ミャンマー、ラオス

<H組>ウズベキスタン、バーレーン、フィリピン、北朝鮮、イエメン

出典 http://www.nikkansports.com

日本はE組。中立地でアウェーを2試合行える可能性のある組み合わせとなりました。

この組み合わせは有利と言えるのでしょうか?

W杯・アジア二次予選組み合わせの抽選方法

アジア予選は次の5つのポットに分けてそれぞれのポットから1チームずつを選んで1グループを作っていく方式でした。

【第1ポット】
イラン、日本、韓国、オーストラリア、UAE、ウズベキスタン、中国、イラク

【第2ポット】
サウジアラビア、オマーン、カタール、ヨルダン、バーレーン、ベトナム、シリア、クウェート

【第3ポット】
アフガニスタン、フィリピン、パレスチナ、モルディブ、タイ、タジキスタン、レバノン、インド

【第4ポット】
東ティモール、キルギス、北朝鮮、ミャンマー、トルクメニスタン、インドネシア、シンガポール、ブータン

【第5ポット】
マレーシア、香港、バングラデシュ、イエメン、グアム、ラオス、カンボジア、台湾

日本はシードとも言える第1ポット。同ポットのイラン・韓国・オーストラリアやアジアカップで敗れたUAEとの対戦は避けられる情勢に。

内戦などの紛争を抱える国々と同組になった場合、基本的にアウェー戦は中立地開催が濃厚。抽選と同時にアウェー戦の開催地が決まらない可能性が出てくる。第2Pのシリア、第3Pのアフガニスタン、パレスチナ、第5Pのイエメンが、それに該当する。

出典 http://www.nikkansports.com

日本と対戦する2カ国、シリア・アフガニスタンは中立地での開催が濃厚です。アウェイでの対戦が減るものの開催地がなかなか決まらない場合は調整などに影響が出ることも考えられます。

■ ロンドン五輪予選で敗れているシリア

シリア国内は内戦が続く

出典 http://www.gettyimages.co.jp

本予選ではシリアでの開催は内戦により不可能とされています。

ロンドン五輪予選ではシリア相手に手痛い敗戦も経験

出典 http://www.gettyimages.co.jp

前半の先制ゴールも、モハンメド・ファレスのFKが交代で入ったばかりの大迫勇也の頭をかすめたオウンゴールであり、シリアの2得点はいずれもラッキーなゴールだった。だが、日本の敗戦は「不運」の2文字で片付けることはできない。90分を通じて、試合の主導権は明らかにシリアが握っていたからだ。

出典 http://www.jsports.co.jp

不運な失点・さらに慣れないピッチ環境という中ながら試合を終始支配されての敗戦に当時はオリンピック出場に黄色信号が灯ったことも。

注目選手はオマル・アルスマ

出典 http://world-football-young-stars-talents.doorblog.jp

サウジアラビア アル・アハリに所属。

ロンドン五輪予選で日本代表サポーターの度肝を抜いた超大型ストライカー。驚異的なテクニックとスピード、強靭なフィジカルを誇り、ゴールをこじ開ける。アラブ諸国最高の有望選手。

出典 http://world-football-young-stars-talents.doorblog.jp

中立地開催になったとしても決して侮れないチーム。ロンドン五輪で敗戦していることもあり、挑戦者として挑んでもらいたいものです。

■ 南アジアサッカー選手権2013で初の国際タイトルを獲得したアフガニスタン

アジアサッカー連盟(AFC)のサルマーン会長は「アフガニスタンのレベルは年々上がっている。2015年のアジア杯出場の切符を掴める可能性もある」と、アフガンの成長に太鼓判を押した。

出典 http://soccernow.jp

急成長しているアフガニスタン代表。かつてはオリンピック出場もあり元々サッカーが盛んな土地柄のよう。

アフガニスタンの成長の要因として、国外リーグに在籍する選手の存在があげられる。チームはこれまで、ドイツや米国などでプレー選手を数多く招集してきた。

出典 http://www.plus-blog.sportsnavi.com

スウェーデンリーグでプレーする24歳のハミド・サディドもそのひとりだ。

ハミドは11歳のときにアフガニスタンからスウェーデンに移住。移民クラブの強豪シリアンスカFCでプレーした経験を持ち、現在はディビジョン3(5部)のFCボスナ92に籍を置く。祖国の代表としてプレーすることに憧れていたハミドは、自身にマネージャーの尽力などもあって遂にその夢を実現させる。今月13日にドバイで行われるキルギスタンとの親善試合に挑む代表メンバーに選ばれた。

出典 http://www.plus-blog.sportsnavi.com

国外リーグでプレーする選手を招集して代表を強化してきたようです。その結果南アジア大会で初優勝を果たすなど急成長。結果を残してきています。

注目選手はカイス・シャイェステー

出典 http://ja.wikipedia.org

アフガニスタン生まれながらオランダ国籍を取得し、U-19オランダ代表にも選ばれている選手。

2008年にFCトゥウェンテのユースチームからヘラクレス・アルメロのトップチームへ移籍した。プロ1年目はエールディヴィジで6試合に出場した。

出典 http://ja.wikipedia.org

平山相太が所属したヘラクレスにも在籍していた選手。

順当にいけば恐れる相手ではないかもしれませんが、海外のリーグで活躍する選手もいるアフガニスタン。台風の目になる可能性もあり要注意です。

■ 日本は過去3敗している?シンガポール

と言ってもシンガポールに最後に敗れたのは1978年であり30年以上前の話です。近年のシンガポールはアジアでもやや厳しい戦いを強いられていると言えるでしょう。

U-23シンガポール代表 1-8(前半0-5、後半1-3) U-22日本代表

U-22日本代表が8-1と2015年の初戦に大勝しました。

出典 http://www.jfa.jp

2月に行われたU-23の国際親善試合では日本がシンガポールに大勝。

U-23の結果を見ても日本との差は小さくないと思われます。もちろんW予選は何が起こるかわかりませんが、得失点差を考えてシンガポール相手にはなるべく大量点で勝利しておきたいところです。

■ 日本も支援するカンボジアサッカー

若い世代の代表監督に日本人監督を擁するカンボジア。プレー環境だけでなく生活環境も日本とは比べ物にならない厳しさもあり、国際大会では結果が出せていませんが、日本をはじめとする各国の支援によって着実にサッカーの文化が根付いてきているようです。

カンボジアはFIFAランキングにおいて下位であることもあり、選手たちは自国のサッカーに自信を持てていません。内弁慶の性格に加え国際経験がほとんどないため、国際大会になると勝負弱さが露骨に出てきます。

出典 http://www.jfa.jp

カンボジアフットボールアカデミー・U-15カンボジア代表監督、壱岐友輔氏のレポート。国際経験の少なさ、勝利経験の少なさによって苦しんでいたようです。

2月12日、プノンペンで行われたアジアチャンピオンである強豪の朝鮮民主主義人民共和国代表(昨年のAFC U-16 選手権予選で 0-11 の大敗)を相手に90 分間の激闘の末、変わることを選んだ彼らはカンボジア代表選手であることの誇りとプライドを胸に、 足がつっても最後まで走り抜き、声も出なくなるまで仲間を助けるためにしゃべり続け、 最後のホイッスルが鳴り響くまで全ての選手が諦めずに、見事2-1 の逆転勝利で歴史的勝利を収めました。

出典 http://www.jfa.or.jp

吉岡 大介氏率いるU-16カンボジア代表は北朝鮮に歴史的な勝利も。それも前年に0-11で敗れている相手からの勝利。いかに1年で成長したかが見てとれます。

サッカーカンボジアU-22代表は、3月19日の試合で勝利を収めたシンガポールU-23代表との試合に臨み引き分けで試合を終え、一勝一分けの好成績を残した。

出典 http://cambodiatourism.or.jp

U-22では3月に今回同組のシンガポールに勝ち越すという結果を残しました。着実に力をつけている若い世代同様、今回のフル代表も気持ちがこもったプレーをしてくることが予想されます。

実力的には日本が恐れる相手ではありませんが、近年急激に力をつけてきているチームです。隣国のベトナムのようなスピード溢れるサッカーを見せてくれるのでしょうか。どんなサッカーを見せてくれるのかカンボジア代表のプレーも楽しみです。

日本の有利はゆるがないが・・・・

最終予選への進出条件は各組1位と成績上位4チームです。

シリア・アフガニスタンは怖い存在ではありますが日本が優位であることは変わらないと思われますし他の組を見ても比較的恵まれたグループに入ったとは言えそうです。

ただし、W杯予選は世界中で過去も様々なドラマが繰り広げられてきています。油断せずに日本らしいサッカーで1位通過してもらいたいものです。

この記事を書いたユーザー

さっくすぶるー このユーザーの他の記事を見る

静岡県浜松市出身。
2児の父親。某J2チームとウイスキーとラーメンをこよなく愛するアラフォーおやじ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス