記事提供:éditeur

付き合う前、交際中…女心に突き刺さるLINEテク集

今や生活のインフラとして利用され、約3000万人のユーザーが毎日使っているというLINE。使いやすさはもちろんだが、気持ちの伝えやすさは恋愛シーンで絶大な効果を発揮する。

みんなが使っているからこそ、上手なLINEテクを磨かなければその他大勢の非モテオヤジから脱することはできない。モテオヤジたちが使う“名LINE”から女心に突き刺さるテクを学び、実践できるようになろう。

■今回のアドバイザー女子 大手企業受付嬢 Jさん 27歳

都内にある女子大を卒業後、一般企業の受付嬢として勤務するJさんは、美容系雑誌の読者モデルとしても人気。現在は彼氏募集中とのことで出会いを探して婚活に励んでいるとか。キックボクシングとサイクリングが趣味。

LINEのマメな連絡は会っている感覚を与える

Jさん「会えない時に、ドキッとするLINEをもらうと好き度が増しちゃいますよね。元カレは家具デザイナーでした。

よく海外に行っていて、1カ月会えないなんてざらだったけど、マメに連絡をくれる人だったので寂しさは感じなかったかな。

1日に1回は彼の方から『こっちは夜だけどちゃんと起きた?』『おいしいコーヒーを見つけたから買って帰るね』とかLINEをくれていました。

『今からごはんに行く』とか『○○を見に行ったよ』という彼自身の“報告LINE”も嬉しいけど、やっぱり私のことを考えてくれてることがわかるLINEの内容や送られてくるタイミングにキュンってしましたね。

元カレは日ごろ自分からは連絡を取らないタイプの人。でも、なかなか会えないときにはマメに連絡をくれていたから、絆が深まりました。電話よりもLINEの方が想いも伝わりやすいかも?」

付き合う前の時期に最適な内容がある

Jさん「付き合う前の時期にもLINEは重要です。会えないと忘れちゃうので、常に連絡を取り合っておかないと。知らないことも多いし、自分のことを教えてあげるようなLINEが効果的。

私が嬉しかったのは『今日のランチは、○○にオススメしてもらったお店に来ました。実は肉より魚派』って、写真付きできたLINE。私が好きなカフェにわざわざ行ってくれていたのも好感度高いし、食事の好みもわかってよかったです。

あとは、休日にもらったLINEで『久々に釣り。張り切りすぎて帰りの運転が心配。眠くなったら起こしてー(笑)』っていうのも嬉しかったな。この内容だけで、釣りが趣味で車を持ってることがわかるし、ちょっと甘えてきているので、私に興味があるのかもって思いました。

付き合ってないから頻繁に会えないし、彼が何をしてるかわからない。そんな時に生活が見えるような“報告LINE”に女性はドキドキすること間違いないなし!

日々の生活では、『今帰ってきた』とか『今から寝る』という内容でもいいと思います。男性が“あなたは特別な存在だよ”と思わせることで、女性は妄想が働いて会えなくてもドキドキするんですよ。実はこのテク、私も意中の男性に使うんですけど、上手くいきますよ(笑)」

最後にアドバイザーからひと言

「生活が見えるLINEと少しの好きアピールが女心を射止める」

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス