「うまくいかない」ってどんなとき?

「こんなに頑張っているのに・・・」「何をやっても裏目に・・・」「そんなつもりで言ったんじゃないのに・・・」

”うまくいかない”とは、”いま起きている現象が自分の思い通りではない”ときに湧きあがってくる感情です。

人はだれもが自分の思い通りに生きたいもの。

”うまくいかない”を解決できず、卑屈になっていては、これからやってくるであろう幸運も逃しかねません。

鏡で見てみよう!うまくいかないときの顔

「うまくいかない」と悩んでいる自分の顔を想像してみてください。こんな顔になっていませんか。

出典写真「AC」

日常生活ではすぐに鏡で自分の顔を確認できないことがほとんど。

でも、悩んでいる、いらいらしている、怒っているときの顔は、「口角が下がり、鋭い上目気味の目線で、ほうれい線が目立ちまくり」といった、かなりのマイナスイメージをばらまいているのと同じです!

あなたの友人を何人か想像してみてください。きっと、その人が何気なく日ごろしている表情を思いだすはずです。うまくいかない状況をひきずっていては、そのこわい顔=あなたの印象になりかねません。

「うまくいかない」は心の問題だけではなく、あなたの印象にもかかわってくるもの。

そんな「うまくいかない」から脱却する3つのポイントを紹介します。

1 まずはスマイル!

うまくいかないときこそ、まずは「笑顔」を心がけてみて!

そんなことできないよ、という場合でも、もやもやした気持ちはとりあえず横において。
楽しいから笑うではなく、この場合は「笑っているから楽しくなる」というのがポイントになります。

仏頂面の人と、ニコニコ笑顔の人、どちらに話しかけたいか、どちらと一緒に過ごしたいか考えてみれば「笑顔」が持つパワーに気づくはずです。

「うまくいかない」にしばられているとき、笑顔でいる時間を少しでも増やしていくと、自分の行動もまわりに与える印象も変わり、おのずと幸運もついてきます。

2 過去の「よかった」に縛られない

「昔はこうだったのに・・・」など、過去と今を比較していませんか。

そんな成功体験や自分が満足した体験と比較するからこそ、今の「うまくいかない」が許せなかったり、ああ、前はこうだったのにな、と思う原因になっているのかも。

過去の出来事と比べるのはすぱっとやめて、「こんなこともあるもんだ」と今の自分、そして、これからを生きる将来の自分と向き合ってみましょう。

「うまくいかない」を乗り切ると、また一つ人生経験が増えるはずです。

3 いつもと違う行動パターンをする

「うまくいかない」の状況から離れるために、日ごろ自分がしている行動パターンを少し変えてみましょう。

・いつもと違うルートで出勤する
・いつもと違う店でお昼ご飯を食べる
・いつもと違う店で買い物をする
・いつもと違うメンバーで飲み会をする
・いつもと違う言葉を選んで会話をする

など、実際の行動をチェンジすると新しい視点で物事をみることができます。

すると、なぜうまくいかないのか、今までは気づかなかった改善点や解決手段が見つかることも。

時間は流れていくもの。

今を楽しんで、めいっぱい生きる!うまくいかないときも、「笑顔で」「違った自分を見つけながら」、考え方や行動を少し変えるだけで解決できるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

藤本愛英(Fujimoto Itoe) このユーザーの他の記事を見る

民放局アナウンサーを経て、女性のライフスタイルアドバイザーとして活動中。取材等で出会ってきた女性の生き方を分析し、子育て中のママや教育機関、企業を対象とした講演活動やイベント企画・運営をしている。ナチュラルライフを提案する情報誌編集長、ラジオパーソナリティー、アスリートの食をアドバイスするアスリートフードマイスターとしても活動中。既婚。1児の母。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス