赤ちゃんの成長を助けてくれる「哺乳瓶」ですが、子育て中に当たり前のように使っているものの、いったい、いつ頃から普及して、どんな目的で使われるためにできたものなのか、ご存知でしょうか?

哺乳瓶の乳首はメーカーによって形状や素材、形がぜーんぜん違うのですが、そもそも、なんで子育てに哺乳瓶を使うようになったのか、ちょっと興味がありますよね。

そこで、新米ママやプレママも知っておいて損はない、哺乳瓶が普及している意外な理由をご紹介します。

哺乳瓶っていつからあるの?

哺乳瓶の歴史は意外と古く、ローマの遺跡からも見つかっています。日本でも1830年ころには太い竹の筒に細い竹筒を差し、その先に布をつけて重湯(おもゆ)や重湯にハチミツを混ぜたものなどを乳児に与えていたことがわかっています。

出典 http://www.city.ono.hyogo.jp

忙しいママを助けるために出来た便利グッズなのかと思いきや、哺乳瓶の歴史ってすごーく古いものだったのです!でも、昔はミルクではなく、重湯や蜂蜜など母乳以外の栄養をあげるために使われていたようですね。

今のようなガラス製の哺乳瓶が日本で使われるようになったのは明治時代になってからで、明治4年(1871)東京の佐野屋がヨーロッパから輸入したものを販売しはじめたようです

出典 http://www.city.ono.hyogo.jp

このように今のようなガラス製が普及したのは、明治に入ってからだそうですが、それでも意外と歴史が深いことに驚いた方も多いのでは?

ちなみに、昭和8年生まれの人が使っていたガラス製哺乳瓶には月齢ごとのミルク量とお湯の目盛りが記されていることや、国産の乳児用ミルクが初めて発売されたのが明治7年という説があることからも、明治や昭和のママたちも、哺乳瓶を使った育児をしていた人もいたということですよね。

今は当たり前に使われているミルクですが、国産の乳児用粉ミルクが初めて発売されたのは大正7年(1918)だそうです。

出典 http://www.city.ono.hyogo.jp

なんで哺乳瓶がここまで普及したの?

忙しいママが増えたから? 母乳の調子に関係なく、赤ちゃんが好きな時に飲めるから?いったいどんなコトがその理由なのでしょうか?

世紀転換期から 1920 年頃までの間に、米国では哺育の仕方が大きく変化した。一般に「乳房から哺乳瓶へ」という変化として認識され語られてきたように、1920年頃から遅くとも20世紀の半ばまでに、母乳ではなく人工哺育が主流を占めることになった。

出典 http://www.ritsumei.ac.jp

と、どうやら、アメリカでの哺乳瓶普及も一役買っている様子。

都市化など社会文化的環境の変化によって母乳哺育が困難になった歴史的事実が先行し、高い乳児死亡率という社会問題に対する応答(reaction)として人工栄養法が改良され市販 の乳児食品が開発された(後略)。

出典 http://www.ritsumei.ac.jp

なるほど、考えてみれば納得ですが、どうやら時代の変化に伴って、赤ちゃんの成長に必要不可欠なものとして「人工ミルク」が普及するに従い、哺乳瓶も普及していった、と考えるのが自然なようです。

進化系の哺乳瓶も続々!?

さらにビックリしちゃうことに、最近では多忙なママを支えるような進化系哺乳瓶もあるようなんです。

意識高い系ママのベビーちゃんと遊んでいたある日、ササッと手軽にミルクを作っているママを見て不思議に思ったのですが、なんと60秒で人肌ミルクができちゃう哺乳瓶まであるのだそう。哺乳瓶にも、「時短」の時代が到来なのですね。

イギリスのFarshママが、自分のこどものために考え、技術者であるJimパパがデザインした yoomi。

毎日忙しい朝に、ミルクのためのお湯が沸くのを待ちながら、もっと効率的で良い方法がないかふたりで悩んだ末、ママのインスピレーションとパパの技術力によって、たった60秒で暖かいミルクを赤ちゃんに授乳できる yoomi が開発されました。

出典 http://www.yoomi.jp

※ベビーちゃんの画像掲載の許可をいただいています。

こちらはもともとイギリスで開発された製品だそうですが、仕事に忙しい毎日のなか、時短で工夫しながら赤ちゃんに溢れるような愛を注ぎたいと考える気持ちは万国共通ですよね。

いかがですか?哺乳瓶の歴史が意外と古いことや、哺乳瓶が普及するのは社会的な環境変化が大きかったことなど、そこまで考えずに使っていたママも多いのではないでしょうか。

そして、今の時代になってから、さらに時代に即した形でパパママたちのニーズを汲み取るような、「進化系」の哺乳瓶もどんどん開発されているのですね。たかが哺乳瓶、されど哺乳瓶!哺乳瓶は今も昔も、子育ての絶大なる「助っ人」といえるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

黄緑きいろ このユーザーの他の記事を見る

Spotlight、by.Sでコラムを掲載するライター。コスメ大好き!お買い物大好き!ひとと会うのが大好き!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス