出典 http://nihongo.istockphoto.com

記事提供:しらべぇ

LINEの有料スタンプを持っていますか?以前、本サイトでは有料スタンプを買うユーザーの動機について、さまざまな角度から調査を試みました。

【今やモテには必須!?】私たち6人がLINEスタンプに1000円以上使う理由

ユーザーがLINEの有料スタンプを買う理由はどこにあるのでしょうか。

自分は普段スタンプを使わないけれど、プレゼントのために有料スタンプを購入している人、自らの感情を正確に伝えるために有料スタンプを購入する人など、その動機はさまざま。

いずれにせよ、彼らは有料スタンプの購入が自らのコミュニケーションに払うべきコストとして妥当と考えていることは間違いありません。

■無料スタンプばかり使う人に「この人お金ないんだな…」と思う人とは

さらに上の記事で注目すべきは、20代女性2人のコメントです。彼女たちは、自らが有料スタンプを購入する理由を次のように語ります。

送られてきたスタンプをタップして、わけのわからない無料スタンプだった場合、一気に印象が悪くなるから(20代女性)

出会い系アプリでの話。知り合った男性とLINEをして無料スタンプが送られてきた場合、切る(20代女性)

出典 http://sirabee.com

このように、無料スタンプに対してあまり良い印象を抱かないユーザーもわずかながら存在するようです。

本サイトがLINEユーザーを対象に実施したアンケート調査によると、無料のスタンプしか持っていない人を見ると「この人お金ないんだな」と思う人が5.5%存在することがわかりました。

■モテる人ほど無料スタンプユーザーをバカにする!?

むろん、スタンプから相手の経済状況を憂うという人はわずか5.5%にすぎないので、彼らを例外とみなすこともできるでしょう。しかし、彼らの特徴をさらに分析すると、ひとつの興味深い傾向が明らかになってきました。

■「モテ」と「非モテ」で差がついた!有料スタンプに対する価値観

今回のアンケート結果を、自らを「モテるほうである」と思うか、「出世しているほうである」と思うか、という2つの質問の回答別に見てみました。

【モテ・非モテ別】無料のLINEスタンプしか持っていない人を見ると「この人お金ないんだな」と思う人の割合

【出世別】無料のLINEスタンプしか持っていない人を見ると「この人お金ないんだな」と思う人の割合

このように、「モテる人」「出世している人」ほど無料スタンプばかりを使うユーザーに対し、相手の経済状況を想像する人たちが多かったのです。

もちろん、二つのデータは因果関係を示すものではありませんので「LINEの有料スタンプを使う人ほどモテる・出世する」という結論を導くことはできません。

とはいえ、普段なにも考えず無料スタンプだけ使っていたユーザーのなかには、結果に驚いた人も少なくないのではないでしょうか。

■「オレはスタンプなんかに金使いたくないし」はなぜダメなのか?

では、無料スタンプばかり使うことがなぜ「金がない」につながるのでしょうか。人によってお金の使い方はさまざまです。当然、「スタンプなんかに金を使いたくない」と考える人も少なくないでしょう。

■30才OL「たかがスタンプにすら金をかけない男のほうがバカらしい」

渋谷にある業界最大手のIT企業で勤務するYさん(30才・女性・プロデューサー職)は、有料スタンプを使わない男性に対し、恋愛対象の観点から以下のように語ります。

合コンなんかで「たかがスタンプに金を払うのがバカらしい」ってエラそうに言う男子がたまにいるんですよ。でも、私からすればたかがスタンプにすら金をかけない男のほうがバカらしい。

出典 http://sirabee.com

ーなぜですか?

いまや異性とのコミュニケーションにおいてスタンプのやりとりは必須です。そんな中で自分が相手からどう思われるかを考慮せず、限られた無料スタンプだけでやりとりするのは無理があるんですよ。

無料スタンプってセンスが最悪だったり、いらない企業のロゴが入っていたりと、ダサいのが多いじゃないですか。

出典 http://sirabee.com

ーでは「そもそもスタンプを使わない」という人はどうでしょう。

わかります。いるんですよね。「オレはスタンプなんて使わない」「LINEを使わず女性とやりとりすればいい」っていう人。そういう人って自分のことばかり考えてる。

はっきり言って、そういう男性は恋愛に向いてないと思う。事実、そんな人たちが送ってくる無料スタンプって大抵が絶望的にセンスが悪いものばかりなんです。

出典 http://sirabee.com

■「何に金を払っているのか」を評価されてしまう社会

Yさんの意見はスタンプに対するひとつの意見に過ぎません。しかし、今後こうした価値観の人が無視できない数で存在し始めたとき、私たちのコミュニケーションは新たな様相を呈してくるでしょう。

何にお金を払っている(いない)のかがその人を評価する社会は、私たちにますます複雑で困難なコミュニケーションを強いるようになるかもしれません。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年3月20日~2015年3月23日
対象:全国20代~60代 男女計1658名

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス