アメリカ、ウィスコンシン州のリンカーン中学校で起きた出来事です。この日はバスケットボールの試合が行われており、今回、心ないイジメにあったディザリー・アンドリュースちゃんもチアリーダーとして応援に駆けつけていたのです。

「ディー」という愛称で呼ばれるディザリーちゃんは、ダウン症でもありました。ダウン症でも元気いっぱいのディーちゃん、この日も精一杯の応援をしていました。

ところが、数人の観客がディーちゃんに向け心ない言葉を投げつけ始めました。イヤな空気が観客席に漂います。しかし、そんな空気を吹っ飛ばす出来事が!

試合中だった選手達は審判にタイムを要求。ディーちゃんを救う為、心ない言葉を投げる観客へ「いい加減にしろ!ディーにちょっかいを出すな」と向かっていったのです。

観客席からのディーちゃんに対する心ない言葉に気がついた3人の選手。彼らはその時の心境を語っています。

「観客の子がディーをイジメているのに気がつきました。このまま試合を続ける訳にはいかないと思ったんです」

「彼女に投げかけられた言葉をきいて、とても嫌な気持ちになりました」

「私たちはみな同じなのに、ある一人だけが間違った扱いを受けるのは不公平だと思います」

出典 http://whats.be

当時、この試合の観客の中には、ディーちゃんの父親も応援に駆けつけていました。娘への心ない言葉を耳にし、娘の気持ちを案じて心を痛めていたお父さん。

ディーちゃんは父親に駆け寄ると、優しく手を伸ばし顔を見合わせ

「パパ、私は大丈夫。みんなが私のことを嫌っていても、私はみんなが大好きよ。」と言いました。

自分が中傷されながらも父親への心遣いを忘れないディーちゃんは、本当に優しいですね。

同チームでは彼女に敬意を表し、昨年から体育館を「D’s House(ディーの家)」と呼び、お揃いのTシャツを着て彼女のチーム加入を歓迎した、という経緯がある。

コーチいわく「部員全員がディーの兄貴のつもりでいる」そうで、チーム全体が彼女に対する優しさで溢れるようになったとか。

またその雰囲気が観客にも伝わったのか、かつてはあまり評判の良くなかった同校だが、人々の見る目も変わってきているという。

出典 http://irorio.jp

このような事態を知った学校側は、勇気あるアンドリューズさんと選手たちを称えて、体育館を「D’s House」と改名。もちろん “D” は、デザレー・アンドリューズさんの “D”!このことをアンドリューズさんは、「嬉しい」と語っているのだった。

出典 http://whats.be

出典 YouTube

出典 YouTube

相手のことを、思いやる強さと優しさをもった仲間達、みんなに愛されてるディーちゃん。彼らの行動には見習うことがたくさんあると感じました。

突然とはいえ、こういう状況で咄嗟に行動できるかと聞かれたら、案外難しかったりでするんではないでしょうか?でも、それじゃダメなんだ正しい行動と勇気をいつでも発動できるように心掛けなければと考えさせられました。

無垢な心は、多くの人に多くのことを教えてくれますね。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス