甘じょっぱいピーナッツバター味がやみつきに…Reese's Peanut Butter Cups(ピーナッツバターカップ)

出典 http://www.amazon.com

Reese's Peanut Butter Cups(リーセス・ピーナツバター・カップス)は、アメリカのThe Hershey Company(ザ・ハーシー・カンパニー)より販売されているチョコレート菓子です。

チョコレートで型取られたらカップの中に、たっぷりのピーナッツバターが詰められたこのミルクチョコレートカップキャンディは、ピーナッツバター味のお菓子の代名詞とも言われるほど、最も有名なチョコレート菓子となりました。

1928年にペンシルベニア州の酪農家だったHarry Burnett Reeseによって開発されたピーナッツバターカップ。その後、Reeseさんはザ・ハーシー・カンパニーの様々な製品に影響を受け、「老若男女、誰が食べても美味しく楽しめる製品」を目指し自身のキャンディービジネスをスタートさせます。

Reese's Peanut Butter Cups(ピーナッツバターカップ)だけでもこんなにサイズがあるんです

出典 http://www.candywarehouse.com

定番中の定番商品である、Reese's Peanut Butter Cups(ピーナッツバターカップ)だけでもこんなに種類があるのです。

日本では西友が独占販売しています

西友の親会社であるWalmart(ウォルマート)の協力により、日本国内においては西友が独占販売をしています(ただし平行輸入品は除く)。

日本への輸出に向けて、保存料も変更されたそう。ザ・ハーシー・カンパニーの製品には油脂等の酸化防止剤である「TBHQ(t-ブチルヒドロキノン)」が含まれている為、日本では食品添加物としては認められず今まで輸入できなかったそうです。

Reese'sってなんて読むの?

出典 http://brotherryan.com

Reese'sはネット検索をかけると以下のように読まれているみたいです。

・リーセス
・リーゼス
・リーシーズ
・リーシス
・リーズ
・リース

筆者はロゴのデザインから感覚的に「リーズ」と読んでいましたが、最近ではブログ記事などを書くにあたり「リーセス」で統一させるようにしています。

Reese's(リーセス)はとにかく種類が豊富、姉妹品が多すぎる

出典 http://commons.wikimedia.org

定番はやっぱりReese's Peanut Butter Cups(ピーナッツバターカップ)なのですが、姉妹品の種類がとにかく豊富なんです。しかし、どの製品も全てピーナッツバター味ですので、甘じょっぱいピーナッツバター味好きにはたまりません。

1. Reese's Dark Chocolate Peanut Butter Cups

出典 http://www.chocolate-candy-intelligence.com

Reese's Peanut Butter Cups(ピーナッツバターカップ)のフレーバー違い。

ミルクチョコレートではなく、ダークチョコレートでコーティングしているタイプです。が、実際に購入して食べた事があるのですが、なぜかダークなのに通常版よりも甘く感じたました…不思議。

2. Reese's White Peanut Butter Cups

出典 http://onlinesarisaristore.com

Reese's Peanut Butter Cups(ピーナッツバターカップ)のフレーバー違い。

こちらはミルクチョコレートではなくホワイトチョコレートでコーティングしているタイプです。筆者はハワイのスーパーマーケットで見かけましたが、ホワイトチョコレートがあまり好きではないのでまだ食べていません…。

3. Reese's Mini Peanut Butter Cups Bag

出典 http://findnsave.newsobserver.com

Reese's Peanut Butter Cups(ピーナッツバターカップ)のサイズ違い。

ピーナッツバターカップのミニミニサイズです。食べやすそう。

4. Reese's Crispy Crunchy Bar

出典 http://en.wikipedia.org

こちらはチョコレートの中にくるまれているのがピーナッツバターそのものではなく、ナッツとキャラメルを薄くしたようなパリパリっとしたものが入っていました。なので、食感がとっても面白い!口の中で溶けるとネトッとしますが、食べる瞬間はパリパリしているので意外と食感は軽いのです。

5. Reese's Sticks

出典 http://sweets.seriouseats.com

軽い食感のウエハースをチョコレートでコーティングしているのですが、その隙間にギッシリとピーナッツバターが…!

6. Reese's NutRageous Candy Bar

出典 http://en.wikipedia.org

筆者が食べたReese'sシリーズの中では今のところダントツでこのNutRageousが好きです。全体的にピーナッツのゴロゴロ食感が楽しめます。ピーナッツバターにピーナッツ、最強です。

7. Reese's Fast Break

出典 http://umalog.exblog.jp

バータイプで手軽にサッと食べられるピーナッツバター入りのチョコレートバー。ズッシリと重く、これだけで満足出来てしまうほどのボリュームとカロリーです。中身は完全にピーナッツバターです(笑)。

8. Reese's PIECES Candy

出典 http://www.ebay.co.uk

いわゆる、お口で溶けて手で溶けないタイプのチョコレートです。

9. Reese's spreads

出典 http://kirbiecravings.com

なんとチョコレートバーやキャンディーバーだけではなく、スプレッドになってしまう程の人気っぷり。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、ピーナッツバターは海外、特にアメリカでは子供の頃から当たり前のように食べている味なんでしょうね…。
※写真はチョコレートタイプです

季節限定で登場するシーズナルやコラボ商品も要チェック

Reese's Peanut Butter & Banana Creme Cups - Vegas Elvis

出典 http://onekit.enr-corp.com

Reese's Peanut Butter & Banana Creme Cups - Vegas Elvis

中身のピーナッツバターにバナナクリームが加えられています。Elvisとのコラボレーション商品みたいです。

Christmas Seasonal(クリスマス商品)

出典 https://schmulldog.wordpress.com

Reese's Peanut Butter Christmas Tree

クリスマスの期間に登場するホリデー商品。クリスマスツリーの形をしています。これはピーナッツバターカップですが、その他にもクリスマスデザインのパッケージで色々な姉妹品が登場しますよ!

Halloween Seasonal(ハロウィン商品)

出典 http://www.candywarehouse.com

Reese's Peanut Butter Milk Chocolate Pumpkins

ハロウィンの期間に登場する、パンプキンの形をしたピーナッツバターカップです。

Easter Seasonal(イースター商品)

出典 http://www.csdsupplier.com

Reese's PEANUT BUTTER Eggs

日本ではまだ馴染みが少ないイベント、イースターの時期に登場する卵の形をしたピーナッツバターカップです。他にもウサギやお花などの形、デザインをした商品が沢山登場します。

有名企業やチェーン店ともコラボ!

Jack in the Boxとコラボ!

出典 http://www.brandeating.com

ピーナッツバターカップ自体メジャーすぎるので、他チェーン店のトッピングの材料になっていたり、コラボメニューや商品が登場するのは珍しくありません。

こちらはJack in the Box(ジャック・イン・ザ・ボックス)というハンバーガーチェーンに登場した期間限定のメニュー、PEANUT BUTTER CUP PIE(ピーナッツバターカップパイ)です。

Krispy Kreme DOUGHNUTSとコラボ!

出典 http://www.brandeating.com

日本では登場していないんじゃないでしょうか?海外のクリスピー・クリーム・ドーナツではこんなピーナッツバター味のドーナツが登場したみたいです。これ、美味しそう!

KFCとコラボ!

出典 http://www.kfcjamaica.com

アメリカ圏におけるKFC(ケンタッキーフライドチキン)で提供された、ピーナッツバターパイ。sogood!なプロモーションです。

Dairy Queenとコラボ!

出典 http://www.manreviewsfood.com

Dairy Queen(デイリー・クイーン)というアイスクリームメーカーの商品の中に紛れ込んでいます。ちゃんとロゴマークも入っているコラボ商品なんです。また、アメリカのアイスクリームショップなどに行くとトッピングコーナーにReese'sが普通に置かれてたりします(笑)。

Cinnabonとコラボ!

出典 http://www.brandeating.com

シナモンロールでおなじみのCinnabon(シナボン)の夏のドリンクメニューにも登場。他にはマクドナルドのマックフルーリーの中に入ってたりも。

Reese'sの製品を使ってレシピまであるんだとか

Reese’sの公式サイトにもレシピが公開されていますが、海外では認知度の高いお菓子なので一般の方々も普通にブログなどでオリジナルレシピを公開しています。基本的には乗せるだけ、混ぜるだけ、というものが多いです。

Reese’s Pieces Chocolate Cookies

出典 http://tasteinvader.com

Reese’s Piecesを使ったチョコレートクッキー。クッキー生地やマフィン生地に混ぜて焼く、というレシピが一番お手軽なのか検索をかけると沢山出てきます。色合い的に、秋っぽいのでハロウィンの時期とかに作ってもよいかも!

Peanut Butter Cheesecake Cookie Bars

出典 http://insidebrucrewlife.com

チーズケーキの最後のトッピングに…。ものすごく濃厚そうです。

Reese's Basketball Cupcakes

出典 http://amomsimpression.com

カップケーキのデコレーションに使用している例ですが、オレンジ色だけを集めてバスケットボールに見立てています。まるでアート!

Reese’s Peanut Butter Cake

出典 http://www.tastesoflizzyt.com

ケーキのトッピングに使用しているのはピーナッツバターカップを細かく砕いたものみたいですが…味はどうなんだろうか。くどくないのかな?

この甘じょっぱさに、やみつきになる人が続出中です

Reese’s Peanut Butter Cup(ピーナッツバターカップ)、食べたくなりましたか?そもそも、ピーナッツバター自体あまり日本では馴染みがありませんが、あの甘いチョコレートの後にやってくるピーナッツバターのしょっぱさは、一度食べるとクセになってしまいます。

実際、私も知ってはいたもののそれ程食べる機会がありませんでしたが、ハワイ旅行先でお土産に買って帰った物を食べてドップリとハマッてしまいました。今では旅行に行く度に大量にまとめ買いをしてしまう程です!

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス