鬱蒼と茂る木々。通常の絵なら、もっと重たい印象になってもおかしくはないのですが…

これだけ暖かい印象になるのは、その手法によるものなのかもしれません。

線香だけを使用し、少しずつ焦がしながら作品を仕上げていくのは、韓国のアーティスト“Jihyun Park”さん。見ただけで『途方もないな』と伝わるこの作品は、繊細なタッチ加減によって、陰影を出していく手法な為、一度ミスすれば全てがダメになるという究極のアートなんです。

手先が器用な人でも泣きたくなるような…やり直しのきかない究極のアート。では、一挙にご覧ください。

制作時間等はわかりませんでしたが、気の遠くなる作業である事は間違いない“Jihyun Park”さんの作品の数々。もはや天晴れという言葉以外浮かんできません。

『一度でもミスをすれば終わる』というプレッシャーをも、楽しんでいそうな“Jihyun Park”さん。次はどんな器用っぷりを披露してくれるのでしょうか。彼の新作に期待したいですね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス