アラフォー世代が嵌った人気トレンディドラマを90年から順番に・・・、懐かしくて涙が出るほどの名場面や主題歌とともにご紹介して行きましょう☆

1. 想い出に変わるまで

出典 http://ishop.tbs.co.jp

1990年1月12日~3月30日TBS金曜ドラマで放送。主人公を演じた今井美樹はとても可愛かった~♪(今でもとても素敵です☆)恋人役を演じた石田純一は、トレンディードラマのトップスターでした。

出典 http://avanamicroinsurance.com

主人公・るり子の妹役を演じた松下由樹。姉の恋人を奪い合うドロドロしたシーンも・・・。この頃から演技が上手でしたね。

ダイアナ・ロス~IF WE HOLD ON TOGETHER

出典 http://www.amazon.co.jp

ダイアナ・ロスのこの曲。今でも名曲ですね。日本語訳の歌詞もとてもステキ♪「夢を信じて生きて行けばきっと奇跡が起こる」このサビがぐっと来ます。

松下由樹の迫真の演技、今井美樹のリアルな感情的なシーン、石田純一もいい役者だなぁと改めて思いました。姉妹が言い合うシーン、今井美樹が泣き崩れるシーンの数々はほとんど覚えていました。

日比谷シャンテでの抱き合うシーンや原宿の歩道橋で抱き合うシーンなどは感動ものです。

出典 http://movie-tsutaya.tsite.jp

2. 東京ラブストーリー

出典 http://eshop.fujitv.co.jp

1991年1月17日~3月18日までフジTVで放送。柴門ふみ原作の連載漫画が月9に登場しました。カンチ演じる織田裕二とリカを演じる鈴木保奈美。一途で積極的なリカの行動にドキドキ・ハラハラでしたね。

出典 http://drama.nagoya

鈴木保奈美の笑顔がキュートで可愛かった~♪共演者の江口洋介、有森成実、千堂あきほも今でも活躍されています。

小田和正~ラブストーリーは突然に

1991年2月6日に発売された小田和正のソロとして6枚目のシングル。フジテレビ系月9ドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌として起用された。当時の日本におけるシングルCDの売上げ記録を更新した。オリコンの1991年年間シングルチャート第1位を獲得。

出典 http://ja.wikipedia.org

小田さんの透き通る声は今でも健在ですね。

テレビなんか見ない私が、このドラマにはハマりました。あの頃の鈴木保奈美さん、凄く綺麗でした。もちろん、今もですがねヾ(´∀`)ノ

出典 https://www.youtube.com

3. 101回目のプロポーズ

出典 http://fod.fujitv.co.jp

1991年7月1日~9月16日までフジTVで放送。結婚式前に愛する婚約者を亡くした薫(浅野温子)。99回も縁談を断られた冴えない中年サラリーマン達郎(武田鉄矢)の一途な愛が切なくて涙が出ました。

出典 http://kiyorin.exblog.jp

薫にプロポーズするも断られてしまう、達郎のライバルとも言うべき男性が・・・なんとあの竹内力さんなんです!今ではすっかりミナミの帝王のイメージが定着していますが、この頃はこんなにイケメンだったんですね。

チャゲ&飛鳥~SAY YES

デビュー13年目のチャゲアスが歌った「SAY YES」はオリコンチャートで初登場1位になると、ドラマが終了して1ヶ月以上過ぎた10月28日付まで13週連続トップをキープ!

僕は死にましぇん~。あなたが好きだから~~!

出典 http://www.officiallyjd.com

走ってくるトラックの前に立ちはだかり、直前でストップ。そしてあの名セリフ「僕は死にましぇん!」あの言葉は今でも感動です。

とくにこの50年後もずっと愛しているというセリフはいいなと思いました。そしてラストのウェディングドレスを着た浅野温子さんが武田鉄矢さんのもとへ走ってくるシーンには鳥肌が立つほどの感動を覚えたものです。

出典 http://drama.nagoya

4. 愛という名のもとに

1992年1月9日~3月26日までフジTVで放送。大学のボート部の仲間が社会に出て3年後、恩師の葬儀や仲間の自殺未遂をきっかけに再会する青春ドラマ。ちょっと暗いストーリーもあり、浜田省吾の「悲しみは雪のように」が人気に火を点けました。

出典 http://blog.livedoor.jp

仲間のチョロが、自殺前にタカコに電話をするシーンが印象的でした。学生から社会に出たばかりの不安、葛藤、やりがい、絶望・・・誰もが経験するこの分岐点に、心に突き刺さる名台詞がいっぱいでした。

浜田省吾~悲しみは雪のように

出典 http://www.amazon.co.jp

この大ヒット曲で一部の熱烈ファンに支えられていたハマショーが、一気に世間に知名度がアップ。コンサートのチケットはどこもプラチナ化し、アルバムも飛ぶように売れました。

とても印象に残る余韻のある良いドラマでした!段々と大人になっていくことの喪失感と充実感がないまぜになりそこからどう脱却していくのか。。学びました唐沢寿明さんが好きでしたが今は割と二の線をいってますね♪

出典 http://entertainment.rakuten.co.jp

5. あすなろ白書

出典 http://www.amazon.co.jp

1993年10月11日~1993年12月20日フジTVで放送。柴門ふみ原作の漫画がTVドラマに登場!また、2002年には台湾でもテレビドラマ化されるほど大ヒットした作品です。

藤井フミヤ~TROE LOVE

出典 http://www.amazon.co.jp

ドラマの主題歌となり、発売前から話題となりました。オリコンシングルチャートでは、初登場1位を記録。

このドラマの魅力は、なんといっても登場人物たちのキャラクター性。彼らの恋と友情は、泣きたくなるほど切なく、そしてどこか懐かしい気持ちにさせます。ドラマの中でなるみが、「今までの人生の中で一番輝いていた」と言っていますが、彼らの眩しいほどの青春時代がここにつまっています。

出典 http://www.amazon.co.jp

6. 高校教師

出典 http://label.100minus8.net

1993年1月8日~3月19日までTBS金曜ドラマで放送。主人公の羽村(真田広之)が赴任する女子高の生徒・繭(桜井幸子)との出会いから教師と生徒との禁じられた恋愛を描き、衝撃的な最終回が話題になりました。

出典 http://www.geocities.jp

禁断の愛にどんどん嵌る二人・・・。理科室での繭と隆夫の壁越しのキスシーンが切なく印象的でした。

森田童子~ぼくたちの失敗

出典 http://www.amazon.co.jp

「春の木漏れ日の中で君のやさしさに埋もれていた僕は弱虫だったんだよね~・・・」ブームの中に普遍性を感じる歌声が魅力でした。

衝撃的な内容だったこともあり今でも覚えています。高校生役の桜井幸子さんがとにかく可愛くて毎週楽しみにみていました。先生役の真田広之さんが演技がうまく、ドラマを引き締めていました。

音楽も素敵で、森田童子の歌である「僕たちの失敗」がドラマに見事にあっていて、悲しみが増しました。最後の場面では泣いてしまいました。

出典 http://drama.nagoya

7. ひとつ屋根の下で

出典 http://fod.fujitv.co.jp

パート1は1993年4月12日~6月28日までフジTVで放送。主人公・達也(江口洋介)が7年前に両親の交通事故で生き別れになった兄弟たちを訪ね歩く。達也を拒絶していた兄弟たちも次第に絆を深めあう心温まるホームドラマ。

出典 http://www.jdorama.com

福山雅治の「あんちゃ~ん」「小雪~~」が名台詞ですね。兄弟の長男である江口洋介のとても情深い演技が印象的でした。

財津和夫~サボテンの花

出典 http://www.amazon.co.jp

この曲で初めて財津ファンになった人も多く、カラオケで歌いたい人が続出しました。「絶え間なく降り注ぐあの雪のように・・・」という歌詞が大好き!

江口洋介さん演じる「あんちゃん」が大好きです。家族をまとめようとひたすら頑張り時にはかっこ悪いことも家族のためにやります。そして名言が「そこに愛はあるのか?」。

柏木家には様々な事件が起きます。しかし、それは、あんちゃんの家族を思う気持ちで乗り切っていきます。家族愛の理想の姿がここにあります。

出典 http://www.amazon.co.jp

8. ロングバケーション

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

1996年4月15日~6月24日までフジTV放送。通称「ロンバケ」。落ち目のモデル南(山口智子)と訳ああってルームメイトになる年下の瀬名(木村拓哉)との恋愛ストーリー。はじめは恋愛感情を素直に示せない南も、瀬名との同居生活の中で、お互いに掛け替えのない存在になって行く・・・。

出典 http://www.ult-media.com

ロンバケの頃の山口智子。容姿ともに20年前と変わらない素敵な女性ですね。

みなみちゃんのサバサバした感じが好きだったな~。

いや~それにしても懐かしい言葉が…チョベリバ!!

出典 http://tv.yahoo.co.jp

久保田利伸~LA・LA・LA LOVE SONG

出典 http://www.amazon.co.jp

この歌が20年前とは思えないほど新鮮な曲ですね。

息がとまるくらいの 甘いくちづけをしようよ

一言もいらないさ とびきりの今を

勇気をくれた君に 照れてる場合じゃないから

言葉よりも本気な LA・LA…LOVE SONG

出典 http://ticketcamp.net

すれ違う男女の甘酸っぱい恋愛感が漂う歌詞がとってもステキ♪

9. ビーチボーイズ

出典 http://fod.fujitv.co.jp

1997年7月7日~9月22日までフジTV月9で放送。ラブストーリーが多かった月9に、男同士の友情を描いたドラマが登場。イケメンだけどまったくタイプの違う広海(反町隆史)&海都(竹野内豊)。ふたりが辿りついた民宿「ダイアモンドヘッド」でのひと夏の短い生活が描かれる・・・。

出典 http://xn--p8j2bhdbq15a.com

民宿のオーナー演じるマイク真木と、その高校生の娘・真琴を演じるのが広末涼子でした。初々しい演技がとても可愛かったですね~♪

私は夏になると無性にビーチボーイズがみたくなります! キャストもですが曲も良くて、大好きなドラマです。 みなさんは見てましたかー?

ちなみに私は広海派でした(*^^*)

出典 http://girlschannel.net

反町隆史~Forever

出典 http://www.amazon.co.jp

主題歌の"Forever"「おまえは何が欲しい?」と、ファン、および反町自身に問いかけた名曲"メッセージ"がかっこよかったー!

10. 神様もう少しだけ

出典 http://fod.fujitv.co.jp

1998年7月7日~1998年9月22日までフジTV放送。HIV感染をテーマとした内容で、エンディングには「エイズに正しい理解を求める」テロップが流れ、当時は衝撃的なドラマでした。主演の深田恭子と金城武のブレイクの切欠ともなりました。

出典 http://vk.com

金城武は最近日本ではお見かけしませんが、映画「レッドクリフ」で諸葛孔明を演じています。日本国籍ですが、台湾と日本人のハーフで、アジア中心の映画俳優として活躍されています。

HIVという病気の知識を軽くみんなに広めたと思います。良かったのか悪かったのか。感染しても発症するかしないかで大きく変わることが分かりました。

 ストーリー的にはシンデレラストーリーのようで面白かったです。テーマは重かったんですが。かなり女性受けするストーリーだと思います。

出典 http://entertainment.rakuten.co.jp

Luna Sea ~「I For You」

この曲を聴いた当時はあまり気にならなかったけれど、ふと思い出して調べたら見ていたドラマの主題歌で歌っているのがLUNASEAだと分かり、すぐにfanに。
解散してもずっと好きなバンドです。

出典 http://www.amazon.co.jp

甘く切ないラブソング。河村隆一さんの声が素敵ですね~♪

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス