コンビニパンの定番、チョコクロワッサン

出典 http://cakephoto.blog110.fc2.com

【クロワッサンとは?】フランス語で三日月を意味し、形状が名前の由来となっているパンの事。チョコレートを包んだクロワッサンはパン・オ・ショコラ(pain au chocolat)と呼ばれる。

フランスで作られるクロワッサンには、菱形のものと三日月形のものがある。どちらの形状にするかは、使用している油脂で習慣的に決まっており、前者はバター、後者はマーガリンである。

フランスで一般的に見かけるのは菱形のもので、日本でよく見かける三日月型のものは、フランスではスーパーマーケットなどで販売される安価品の目印となるんだそうです。

パン・オ・ショコラとは違うの?

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

チョコレートを包んだクロワッサンはパン・オ・ショコラ(pain au chocolat)と呼ばれますので、実はチョコクロワッサン=パン・オ・ショコラとも言えます。

が、なぜかこの四角い形に成型したクロワッサンはパン・オ・ショコラという名称で売られる事が多く、今回取り上げるチョコクロワッサンについては菱型&三日月型のコンビニで売られているものに限定します。

チョコクロワッサンには2パターンあります

1. クロワッサン生地にチョコレートを練り込んでいるタイプ

出典 http://blog.livedoor.jp

クロワッサン生地そのものにチョコレート、もしくはカカオパウダーなどを練り込んでいるため、全体的に茶色くチョコレートの味をまんべんなく堪能する事ができます。ミニサイズのチョコクロワッサンや、冷凍販売されている商品に多いタイプです。

2. 板チョコをクロワッサン生地で包んでいるタイプ

出典 http://woman.mynavi.jp

プレーンなクロワッサン生地で細長くカットされた板チョコを豪快に巻き込んでいるタイプです。コンビニで見かけるチョコクロワッサンはこちらのタイプが多いような気がします。筆者もこちらのタイプが好きです。

コンビニ別!チョコクロワッサン

1. ミニストップのベルギーチョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

MINI STOP CAFE ベルギーチョコクロワッサン(108円)。ミニストップのオリジナルパンシリーズ、「穂」から「MINI STOP CAFE」というブランド名に変更になりましたが、中身は以前とほとんど変わりません。

クロワッサンほどのパリパリ感はないものの、デニッシュ風のパン生地に包まれている板チョコが濃厚。さすがベルギーチョコレート入り。ちなみに製造しているのはフジパン株式会社です。

2. サークルKサンクスのチョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

チョコクロワッサン(108円)。何度か定期的にリニューアルを繰り返している定番商品です。パン生地にもチョコを練り込んでいるので、他社よりも全体的に茶色い。

クロワッサンの端からはみ出してはいませんが、中にちゃんと板チョコが潜んでいます。が、板チョコ風に整えられているチョコレートクリームなので、滑らかではあるものの少し物足りなさも感じたり。

【番外編】サークルKサンクスの極のチョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

サークルKサンクスはクロワッサンの開発にかなり力を入れています。
2014年9月23日販売開始された極のチョコクロワッサン(150円)。強気なお値段設定、製造はヤマザキでした。普通のチョコクロよりも断然こちらの極の方が美味しかったです。高いだけある。サイズは小さいが、ベルギーアルデンヌ産の発酵バターを約40%と贅沢に使用しており、中に入っているのもベルギー産のチョコレートなのです。
残念ながら期間限定販売だったらしく最近は見かけません(2015年4月現在)。

【番外編】サークルKサンクスのホワイトチョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

2015年4月の新商品はチョコクロワッサンの姉妹品?ホワイトチョコクロワッサン(108円)。なんとこのお値段でクロワッサン自体をまるっとホワイトチョコレートでコーティングしてあり、さらに板チョコまで入っているんです!もちろん板チョコはホワイトチョコレート。普通の茶色のチョコより、ホワイトチョコが好き!って方にオススメ。

3. ファミリーマートのチョコ好きのためのチョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

こだわりパン工房 チョコ好きのためのチョコクロワッサン(108円)。風味豊かなデニッシュ生地に板チョコを包んで焼き上げたタイプのチョコクロワッサンです。個人的にはコスパが高く、コンビニで買えるチョコクロワッサンの中ではこれが一番好きで何度もリピートしています。

中にはチョコクリームではなく、厚みのある板チョコがドーン!って感じで、もうこのチョコレート一本で勝負をしている、そんなチョコクロワッサンなのです。製造は神戸屋さん。

4. ローソンのチョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

実りベーカリー チョコクロワッサン(134円)。現在は同シリーズより「チョコを包んだクロワッサン」という名称で販売されておりますが、基本的に中身は同じはず。ガーナ産のカカオを使用したビターな板チョコを包んでいるタイプのチョコクロワッサン。

コンビニで買えるチョコクロワッサンの中ではローソンが一番高いのですが、高い分だけあって確かに美味しい。コスパを考慮しなければ、パン生地もチョコレートも断トツでローソンがトップです(個人的に)。

5. セブンイレブンのチョコミニクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

チョコミニクロワッサン(110円)。セブンイレブンにも普通に菱形をしたチョコクロワッサンは販売されています。が、恐ろしくサイズが小さくコスパ低いので、いまだ試した事がありません。

こちらのチョコミニクロワッサンは食べた事があるのですが、ミニだけどちゃーんと中にチョコレートを包みこんでいます…と思いきや、残念ながらチョコが見えたのは本当に端っこだけ…中には一切、何も入ってなかった!製造はヤマザキ製パン株式会社なので、美味しさには定評があります。

出典 http://photozou.jp

↑ちなみにこちらが普通のチョコクロワッサン。なんというか、シュッとスタイリッシュな形をしております。

6. NewDaysのグレーズドチョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

JRの駅近くにあるコンビニ、NewDaysのオリジナルパンブランドPanestから出ている、グレーズドチョコクロワッサン(139円)。製造はファミマと一緒で神戸屋さん。
デニッシュ生地にチョコプレートを1枚巻き込み、全体をグレーズコーティングしている、他社よりもちょっぴり進化しているタイプのチョコクロワッサンです。
甘すぎる事なく、板チョコ×グレーズ×デニッシュのバランスが素晴らしいです。

市販品のチョコクロワッサンだって美味しい!

コンビニのオリジナル商品(PB商品)だけではなく、スーパーやドラッグストアなどで買える市販品のチョコクロワッサンも様々な種類が販売されています。
筆者が食べ比べをした結果、個人的に美味しかった市販品のチョコクロワッサンをここではランキング形式でご紹介します。

1位:【ヤマザキ】お手軽カフェタイム クロワッサン板チョコ

出典 http://umalog.exblog.jp

やっぱり強いです、ヤマザキ。だってコンビニで買えるチョコクロワッサンの中身を製造しているメーカーですもん(笑)。特にこのお手軽カフェタイムシリーズのチョコクロワッサンは、板チョコのボリュームがスゴイんです。包んでいるパン生地の半分くらいはありそう。しかもこれで100円以下(オープン価格)なので、かなりコスパも良いと言えます。

2位:【ヤマザキ】おいしい菓子パン チョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

またヤマザキかよ…という感じですが、こちらはチョコではなくてパン生地そのものが美味しかったチョコクロワッサンです。市販品はどうしてもパン屋さんで買うクロワッサンのようなパリパリ食感を楽しめる程のクオリティがないんですけど、このパン生地にはアルデンヌ産の発酵バターを使用しているだけあって、他の菓子パンクロワッサンよりも断然生地が美味しかったなと思います。
中身が残念ながら板チョコ風のチョコクリームになってしまっていたので、2位です。

3位:【フジパン】チョコクロワッサン

出典 http://umalog.exblog.jp

これもスーパーによるけど100円弱くらいで買えるコスパの高いチョコクロワッサン。
ソフトなクロワッサン生地にヘーゼルナッツ入りチョコクリームと板チョコをまるごと包みました、と説明してある通り残念ながら生地はクロワッサンどころではなくただのパンなのですが、ヘーゼルナッツ入りのチョコクリームの風味がなかなか面白かったので3位です。

本格的な?チョコクロワッサンはここで食べられます

チョコクロワッサンの元祖?サンマルクカフェのチョコクロ

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

チョコクロワッサンの元祖と言えば…サンマルクカフェのチョコクロを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?コーヒーなどのドリンク類だけではなく、ベーカリーやスイーツメニューにも力を入れているコーヒーチェーン、サンマルクカフェ。

同店の一番人気がこちらのチョコクロです。季節によっては様々なフレーバーが期間限定で登場するので、ファンも多いはず。

サクサクのクロワッサン生地でビターテイストのチョコレートを包んだサンマルクカフェを代表する人気商品です。

出典 http://www.saint-marc-hd.com

マックスブレナー チョコレートバーのクロワッサンフォンデュ

出典 http://entabe.jp

こちらはちょっと変わりダネのチョコクロワッサンですが、チョコレート専門店であるMAX BRENNER CHOCOLATE BAR(マックスブレナー チョコレートバー)の日本限定のモーニングメニューという事でご紹介。

クロワッサンフォンデュは、店内で焼き上げるふわっふわのクロワッサンを、3種類のチョコレートガナッシュにディップして食べるメニューです。チョコレートは、ミルク、ダーク、ホワイトの3種類の中から選べるそう。

チョコクロワッサン、まとめ

その他、パン屋さんやカフェでも最近はチョコクロワッサンのお取扱いが増えて来ています。また、コンビニパンだけではなく、スーパーなどで買える市販の菓子パンでもチョコクロワッサンの種類はどんどん増殖中です。

まずはまだ食べた事がない!というあなた、コンビニで見かけたらぜひ一度食べてみてくださいね。(※この記事は新製品をチェックする度に随時更新していきます。)

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス