出典 http://prtimes.jp

元サッカー日本代表の中田英寿氏。サッカー選手として遠征などで世界中旅し、2006年に現役を引退してからも世界中を旅して回り、今までに訪れた国は、その数なんと約100ヵ国!その文化や食に親しんだグルメと評判が高い。

出典 http://prtimes.jp

そんな彼が「世界に紹介したい日本酒」を探すべく、日本全国を旅しながら200箇所以上の酒蔵を巡って、見つけた選りの酒を紹介するスマホアプリ『Sakenomy』の便利な4つの機能を紹介します。

1.世界最大級のデータベースと日本酒ラベル検索機能

出典 http://prtimes.jp

現在、約15,000種類あると言われている日本酒から6,000種以上の日本酒データ数を掲載。日本酒のラベルをスキャンすると詳細情報が表示されるので購入やお店で飲む直前の下調べにも便利。

【表示されるデータ】

・味の特徴

・酒蔵の所在地・生産地

・日本酒度・酸度・アミノ酸度・酒母・使用酵母・原料米・杜氏名・精米歩合・粕歩合・仕込み水 etc

・味わい・香りが近い他の銘柄を紹介

2.飲んだ日本酒を登録。他のユーザーと感想を共有

出典 http://prtimes.jp

【登録できるデータ】

・華やか/淡麗/穏やか/濃厚

4つの指標で評価できる「利き酒マップ」

・お気に入り度

・飲んだ日時と場所

・味や日本酒情報のメモ

・日本酒やアテ(おつまみ)の写真

3.ユーザーの味覚にピッタリな日本酒を紹介

自分の飲んだお酒や、アプリ内の「飲んだ!飲みたい!」ボタンの入力等で、おすすめの日本酒を紹介してくれるレコメンド機能があり未知の自分好みの日本酒に出会えることが出来る。

出典 http://prtimes.jp

アプリ内でも情報検索できる「志太泉」「初亀」

4.旬の日本酒情報をまとめ読み

気の日本酒情報WEBサイト(下記)や有名酒蔵のブログ記事をピックUP!旬な酒情報も得られるニュース機能で、日本酒通になれるかも。

出典my photograph

女性に人気のスパークリング清酒「澪」の情報等も掲載。

出典 http://prtimes.jp

2015年4月からは、英語版とイタリア語版も登場しアプリを監修した中田英寿の酒の世界観が世界に発信されています。自分好みの美味しいお酒を探せるアプリ。これは使えますよ。

この記事を書いたユーザー

ruru* このユーザーの他の記事を見る

ブログ:http://ameblo.jp/rurudots/
写真・コスメ・旅・フードについて情報発信中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス