4月3日(金)に行われた、J1リーグ第4節「鹿島アントラーズVSサガン鳥栖」の試合中、サガン鳥栖のキム・ミンヒョク選手が鹿島アントラーズの金島夢生選手と競り合い、倒れた金崎選手の顔を踏みつけるというラフプレーがありました。

問題のシーン

出典 Vine

試合後の同月7日、キム選手に対して公式戦4試合の出場停止処分が下り、その処分に関しても「甘すぎる」「最低でも10試合は出場停止にするべきだ」などと物議を醸しました。

そんな中、謝罪のために鹿島アントラーズを訪問したキム選手への、金崎選手の対応が素敵過ぎると話題になっています。

謝罪に訪れたキム選手に金崎選手がかけた言葉とは…

「肩を組んで笑って撮ろう」

出典 https://twitter.com

「今度対戦する時もお互いに全力でプレーしよう!」

出典 https://twitter.com

男前すぎる・・・

このラフプレー自体、キム選手本人は「故意ではなかった」と弁明していますが、故意であろうとなかろうと、選手生命にかかわる危険な行為であったことには変わりありません。

どんな事情があろうと許される行為ではないはずですが、謝罪に訪れた当人に対して金崎選手がとった対応は、今後に遺恨を残さないように配慮したスポーツマンシップに則った素晴らしい対応だったと思います。

どちらもこれからのJリーグ、ひいてはサッカー界を盛り上げていってくださいね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス