さぁ、選挙が近づきました!!大切な一票です。しっかり権利を行使しましょう!!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

最近地方選挙の投票率が下がっていると聞きます。

国政には興味があっても地元には興味が無い?

実は、最も身近な政治は地元のや市区町村議会なんじゃないでしょうか?

寝に帰ってるだけだから地元は関係ない。。。どうせ自分の一票じゃ何も変わらない。。。誰に入れても一緒だよ。。。そんな声が聞こえてきます。

そんなことはありません!!我々の一票は大きいのです!!因みに「世間が悪い」「政治が悪い」なんて口癖の人が選挙に行かないなんて無しですよ!!

さぁ、選挙に行こう!!じゃ、誰に投票すればいい?ということを考えましょう。

<統一地方選の日程>

前半戦3月26日:道県知事選挙の告示日

3月29日:政令指定都市の市長選挙の告示日

4月3日:道府県議選挙と政令指定市議選の告示日

4月12日:投票日

後半戦4月19日:一般市長選と市議選、東京都の特別区長と区議選の告示日

4月21日:町村長選と町村議選の告示日

4月26日:投票日

出典 http://ja.wikipedia.org

先ずは日程はこのような感じになっております。10の道県の知事と5の政令指定都市の市長の選挙も行われます。そして、市区町村議会選挙も多くはこの中に入ります。

選挙に行くことは決まったとして!!さぁ、どうやって投票する候補者を決めましょうか?

出典 http://www.city.soma.fukushima.jp

では、これからどうやって自分が投票してもいいと思う候補を見つけるかという話に入りたいと思います。

詳細は、候補者も多いですから、気になった候補者や政党などを、それぞれ調べて頂くしかないですが、先ずザックリ…。

1・与党にするのか野党にするのか?良いと思う政党はあるか?
2・地域で関心の高い施設の建設や、政策などで賛成派なのか反対派なのか?
3・どのような業界団体、協会、宗教等が推薦などをしているか?
4・支持をしている国会議員などがいれば、秘書が候補だったりしないか?
5・土地の出身者か、越してきた人か?その場合、同郷か?
6・自分と同じ学校や会社とかの出身じゃないか?
7・福祉重視なのか、箱物重視なのか、のようなスタンスはどうか?
8・右なのか左なのか、のようなスタンスはどうか?
9・住民との通常のコミュニケーションはどうか?選挙の時だけ都合良くないか?
10・お金等にクリーンなのか?
11・ホームページやSNS等で日頃の動きが分かりやすいか?
12・どのような生い立ちで、どんな略歴が書いてあるか?
13・知り合いか、知り合いの知り合いか?
14・自分の地域の商店会や町会はどの候補を推しているか?
15・ポスターや演説などで見て、顔が好みか?

筆者はそんなことを考えながら、候補者を選んでいます。勿論、上記した以外の事情や考え方などで、選択する方法は無数にあると思われます。読者の皆様もそれぞれの感覚で最も良いと思われる候補者に投票するが良いと思います。

自分の生活に利益をもたらす可能性の高い候補とは?

出典 http://www.city.kasukabe.lg.jp

筆者が上記しましたが、考え方が近く、自分に関係がある、若しくは影響のある団体に推薦されているとか、同郷や同職業の経験などがあるとか、何かしら情の入る候補者が選択肢の中に入りますよね?

例えば筆者は水商売なので、アルコール問題にあまりに熱を上げている候補や、深夜酒類提供に厳しいスタンスの候補だとわかれば投票しません。

無いとは思いますが、洋楽バーなので、「国内の音楽を推進し、輸入の音楽を聴くのは良くない!」とする候補者がいたら投票しません。

そして、筆者は今の住所には大人になってから来たので、生まれたところが近い候補は気になります。

そうやって絞っていくことになります。それによって自分にとってデメリットが少ない候補、メリットの多い候補が段々出揃います。

地方選挙とは言え、国政への影響もあります!

例えば、地域は反対しているのに政府では決定していること等があるとします。その場合、与党に投票しにくくなりますよね…

逆に、政府が決めたことが自分の地域にはメリットでも、他の地域にはデメリットだと野党が問い詰めているような問題があったら、地元としては野党には投票しにくくなりますよね…

ということで、地方と政府は密接な関係があり、現政権の賛否的な要素も多分に入ってくるわけです。

ですので大きく議席を減らす政党が地方選挙で出ると、その党の国会議員はある程度の責任を取ることになるわけです。

なので、地方選挙も大事!!貴重な一票、棄権はNO!

出典 http://www.pref.fukui.lg.jp

選挙に行かない人は、政治に文句を言う権利無し!!

と棄権経験が一度も無い筆者は思っています。

自分にとって正しいと思う候補にしっかり票を入れておかないと、それこそ自分にとって良くないと思う候補の票が相対的に増えてしまいます。色々な考えの人がいて、色々な候補がいます。自分好みの世の中にするのは、そんなみんなの一票からだと思います。

筆者の地域は4月26日の区議会選挙などなので、必ず行って、一番良いと思う候補にしっかり託してこようと思います!!

読者の皆さん、選挙に行きましょう!!

最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス