今、見つめると消える絵が話題に!

今、この「淡い不思議な絵」が話題になっています。とりあえず、まばたきをせずに絵を見続けてください。絵の真ん中にを集中して、じぃ~っと見ていると…

あれ?徐々に絵が薄くなってきませんか?そして絵そのものが消えたりしませんか?

これは凝視し続けると、なぜか消えていくと言う不思議な絵なのです。

どうでしたか?消えましたか?

消えた人、消えなかった人、様々なようですね。

なぜ、見つめると絵が消えたのでしょうか?

この見つめると消える絵の原理は、『トロクスラー現象』と呼ばれるものです。ある一点を長く注視し続けると、周辺視野が消えてしまう現象のこと。また、他には色の特徴に合わせて目が順応することで生じる現象『マッカロー効果』の一種ではないかと言われる場合もあります。要するに、色彩に対する目の知覚的効果、錯覚、残光効果により、脳の錯覚で「色が消滅する」と言う仕組みのようですね。

とにかく不思議で面白いので、遊び心の一つとして、家族や友人、職場の仲間と一緒にやってみると楽しいですよ♪

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス