記事提供:バズプラスニュース

ファミコンは知ってるけど「ファミリーコンピューターは知らない」という世代が増えているらしい。時代が進むにつれてファミコンという言葉もなくなるのでしょうか?いつまでもゲームの歴史に残ってほしいものです。

今回は、そんなファミコンのトリビアを8つご紹介したいと思います。あなたが知っているトリビアがあるかもしれませんね。

1. アポロ11号はファミコンよりも性能が低かった!!

月面着陸で世界中が注目したアポロ11号。地球から月まで性格に移動するため、コンピューター(IC)が搭載されていた。「月まで行くのだから高性能だろう」と思うかもしれないが、実は性能はファミコンよりも下。

ファミコンの性能をアポロ11号と比較して、処理速度は約10倍ほど高性能で、メモリ容量は100倍だったという。

2. 『ロードランナー』のイメージキャラクターはダウンタウン

『ロードランナー』といえば、ハドソンから発売されたファミコン版が有名だ。ファミコン時代には『スーパーマリオブラザーズ』と並んで大ヒットした作品である。

1991年、ハドソンの20周年を記念して『ロードランナー』が再販されたのだが、そのときのイメージキャラクターがダウンタウンだったことはあまり知られていない。※当初1993年と表記していましたが1991年の誤りでした。深くお詫び申し上げます

3. ファミコンの商標は任天堂ではなくシャープが持っていた

任天堂のゲーム機ファミリーコンピューターの略称はファミコンだ。もちろん、その商標は任天堂が持っているが、実は当初、シャープがファミコンの商標を持っていたのだ。

ファミコンというレンジの名称を登録していたもので、わざとファミコンの商標を得たわけではない。

4. 『ドラゴンクエスト1』は王様の部屋で基本的なコマンドをすべて覚える

『ドラゴンクエスト1』は、王様の部屋からゲームがスタートするが、プレイヤーが、すべてのコマンド(行動)を実行しないと部屋から出られない仕組みになっている。

調べる、取る、話す、扉を開ける、階段を下りる、そのすべてを最初の部屋で覚えるためだ。

5. 『ウルティマ~恐怖のエクソダス~』にAKB48の秋元康が関わっていた!!

おにゃんこ倶楽部やAKB48のプロデューサーとして有名な秋元康さん。実はテレビゲームも関わっていた時代があり、一部からクソゲーといわれている『ウルティマ~恐怖のエクソダス~』にも関わっていたのだ。

しかしゲームの評判が悪く、その後、秋元康さんとゲーム業界の関係は聞かなくなった…。

6. ファミコンの2コントローラーのマイクの穴の数は23個!でも本物は1つのみ

ファミコンの2プレイヤーコントローラーにはマイク機能が搭載されている。声を出すとテレビから自分の声が聞こえるおもしろい機能だが、実は、マイクについている23個の穴のうち、本物の穴は1個だけなのである。「マイクらしさ」を演出したと思われる。

7. 高橋名人がスキンヘッドにしているのは薄毛が原因ではない!!

バイクが好きな高橋名人。ゲームだけでなくアクティブな活動もしている名人だが、彼がスキンヘッドにしたのには、バイク好きならではの問題があったから。

猛暑の状態でバイクに乗ると汗がダラダラと流れ出てくるため、床屋で丸坊主にそってもらったとのこと。現在は自分でそることもあるようで、けっして髪が薄くなったからではない。断じて薄毛ではない。

8. 最後に発売される予定だった幻のソフトがあった

ファミコンでいちばん最後に発売されたゲームソフトは『高橋名人の冒険島IV』だが、実はそのあとも発売される予定だったゲームがある。

それは『早指し二段森田将棋2』。残念ながら発売中止となり、店頭に並ぶことはなかったが、数本だけ、市場に流れているらしい。

・もっとトリビアを読んでみよう

ファミコンのトリビアをもっと知りたい人は、複数のインターネットサイトでまとめられているので確認してみるといいだろう。特に、初代ファミコン専門ニュースブログ『ファミコンのネタ!!』に詳しく載っているのでオススメだ。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス