記事提供:カラパイア

スコーンの生地は天ぷら粉とマヨネーズのみ。にもかかわらずまったくマヨネーズのニオイが残らずに、サクふわの新食感が味わえる肉球めいたスコーンが短時間で完成しちゃう。

しかも使うのはレンジとオーブントースターのみ。オーブンのない人でも簡単に作れちゃう。今回はチョコスコーンをメインに紹介するが、ココアパウダーを入れなければ普通のスコーンも作れるよ。

肉球チョコスコーンの材料

材料:(直径5cmサイズ6個分)
<生地>
・天ぷら粉160g(日清製粉、コツのいらない天ぷら粉が超絶おすすめ)
・マヨネーズ70g
・水70g
・ココア(無糖)大さじ5杯

<クリーム>
・生クリーム180g(植物性と動物性を同量混ぜたものが超絶おすすめ)
・グラニュー糖大さじ5杯(お好みで調節)
・ココア大さじ3杯(お好みで)

<コーティング用チョコ>
・板チョコレートホワイト3カケ
・板チョコレートいちご3カケ

調理器具:
・クリーム絞り用袋と口金
・オーブンシート(ラップで代用可)
・アルミホイル

作り方

1. ボウルに天ぷら粉、マヨネーズ、水、ココアを入れ良く混ぜる

※のちに絞り出しに入れるので、若干やわらかめに調節する。水は一度に入れるとびちゃっとなるので、少しずつ入れていくと良い。

2. オーブンシートの上に生地を絞り出し、レンジ500wで30秒温める

3. 生地大さじ2杯を容器に分け、そこに大さじ2杯の天ぷら粉を足し混ぜ合わせて肉球部分を作る

4. レンジから取り出した本体に肉球を乗せたものをアルミホイルに乗せ トースター750wで5分加熱する

※トースターのワット数により加熱時間は調節すること。

5. 耐熱容器にチョコ白といちごを入れてレンジで30秒加熱し、コーティングチョコを作り、肉球部分にかける

6. スコーンにサンドするクリームを作る

※おいしいのは動物性と植物性を半分ずつ混ぜ合わせたものがベスト。また普通の生クリームがよければココアパウダーを入れなければよい。

7. 底の部分の生地にクリームを絞り出してサンドしたら出来上がり!

不思議な食感が絶妙なスコーンめいた肉球ができあがった

マヨネーズの風味がすっかり消え、言われなければ入っていることに気が付かないだろう。底の部分は薄く焼いたのでサクサク。上の部分はふんわり。

肉球部分はクッキーの様な食感で、それらが合わさり新しい食感が作り出される。クリームも合わさってすごく美味しい。

コツは生地作り。一番おすすめなのは加工しやすい日清製粉の「こつのいらない天ぷら粉」であることが判明した。また、肉球などの飾りをつくらなければもっと簡単になる。

猫の手にしなくてもただの丸を作ってスライスして、クリームをはさめばさらに簡単になる。ただし、レンジで温めすぎると固くなるので注意が必要だ。

ココアパウダーを使わなければプレーンタイプが簡単にできる。今回チョコをメインにしたのは、チョコの方が死ぬほどおいしかったからだ。

でまあ、オチだよな。

だれも望んでいないのかもしれないが、パルモだけは常に望んでいるので、クマ姉さんに肉球の発展形を作ってもらうことにした。いつものようにグロかわいい系で。で、出来上がったのが猫の手ならぬクマの手である。

ここからは閲覧注意の領域に入る。

このリアリティーを見よ!

アメリカ人とかにバカ受けする勢い

てことで余裕のある人は猫の手ならぬクマの手もつくっていただければ幸いだ

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス