最近の若者は本を読まない…。という話はよく聞きますし、テレビでも言っているのを聞いたことがありますが…。

なんと、全国学校図書館協議会と毎日新聞が行っている読書調査では減っているどころか増えていることがわかりました。

30年前は7.4冊なので、現在の11.4冊は30年前に比べて大体1.5倍になっていますね。

どうせラノベだろうという人がいると言う反応

ラノベはライトノベルの略で、ノベルは小説のことで、小説は文学の形式の一つということは、ラノベは文学でいいのではないだろうか…?

軽くてお手軽な小説ってことでしょ?と思うのですが…。

ラノベは読書に含めたくないと言う声

いや…、本ですしね…。と思いますが…。

ラノベの100年経てば…

まあ、昔の文学などでもちょっとあやしい表現やアダルト本じゃないかというものも有りますからね…。

何はともあれ…

最近の若者は本を読まないというのは嘘ということは、この結果からもわかるのではないでしょうか?

私は中学くらいまではラノベ中心で、高校になると純文学や専門的な本を読むようになり、大学では専門書を中心に読みあさり、社会人になってからは政治経済の本が多くなったわけですが…。最近はあまり読んでないですけど…。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス