昔は貴重な交通手段として利用された馬ですが、今でも馬は公道を走ると軽車両、すなわち自転車などと同じ扱いになります。

軽車両の例

軽車両の例[編集]

具体的には以下のようなもののことをいう。

自転車 三輪自転車、側車付の二輪自転車 - 道路交通法・道路運送車両法の両方で軽車両となる。

上記以外の自転車 - 道路交通法上の軽車両だが、道路運送車両法上の軽車両には含まれない。 日本の道路交通法における自転車については日本の自転車参照。

但し、警察庁の見解によれば、6歳未満の者が乗車している自転車や、車体が6歳未満の者が乗車する程度の大きさの自転車は、小児用の車に分類され、運転中は歩行者としてみなされる[4]。


荷車 手押しの台車、大八車、リヤカーなど

人力車

そり(犬ぞりなど動物に牽引されるものを含む)

牛・馬などの動物(人が道路において通行、停止させているもの)

祭りの山車(車両を備えるもの)[5]

牛車・馬車などの動物に牽引される車両(レールによる馬車鉄道等は道路交通法上は路面
電車の扱いとなる[6])

他の車両に牽引される「被牽引車(トレーラー)」も道路交通法上では軽車両となる。ただし、自動車または原動機付自転車に牽引されている場合は、交通方法(道路交通法第3章)の適用上、その牽引する自動車等の一部とされる。切り離されて駐停車などしている場合には、軽車両の扱いとなる。

出典 http://ja.wikipedia.org

上記の通り立派な軽車両です。なのでもちろん…

【軽車両に適応される罰則】

•飲酒運転(懲役3年以下または50万円以下の罰金)/平成14年6月の道路交通法改正により、軽車両による酒酔い運転の罰則について、車と同一のものが適用されることになった。平成12年度上半期の調査では、自転車の飲酒などに対し全国都道府県警が道路交通法違反容疑で書類送検した件数は101件あったそうだ。

出典 http://www9.plala.or.jp

では、馬が飲酒した場合は…?

飲酒して公道を乗馬すると「飲酒運転」となる。また馬にお酒を飲ませて乗馬した場合は「整備不良」で違反となる。

出典 http://horse-para.com

まさかの、整備不良…。

酔っ払うということを聞かないからということでしょうか…。

馬が飲酒検査を受けている姿とか…。

他にも色々ダメなことがあって話題となっています。

自転車もそうですが、基本的には速度計って付いてないですよね…。

下り坂で車を抜いていく自転車とかを見るとどうなんだろうと思いますよね…。

いななきは自由に出せませんしね・・・。

自転車の時同様手信号で良いのではないだろうか…

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス