科学で解決!をモットーに、様々な検証動画をアップするYouTubeチャンネル『 AsapSCIENCE 』が、この度アップした動画。これが現在、世界中で話題となっています。その動画とは

『自分の視力がわかる不思議な画像』

を紹介したものでして、画像が『マリリン・モンロー』に見えるのか、それとも『アインシュタイン』に見えるかで、アナタの視力がわかってしまうというもの。では、自分の視力を確かめるべく、話題の画像をご覧下さい!

どちらに見えましたか?

ぼやけた(空間周波数が低い)マリリン・モンローの写真と、くっきりとした(空間周波数が高い)アインシュタインの画像を合成したコチラの画像。これは『ハイブリッド・イメージ』と呼ばれるもので、アメリカ・マサチューセッツ工科大学のオード・オリーヴァ博士らのグループが、10年以上にわたる研究の末に作り上げたものでして、視力の良い人は…

アインシュタインに見え、視力の悪い人は…

マリリン・モンローに見えてしまうという画像なんです。

出典 YouTube

なぜ、そんな事になってしまうのか説明しますと、視力が悪い人は、細部を視認する事が上手くできず、画像を大まかにしか把握できない為、ぼやけた(空間周波数が低い)マリリン・モンローが見えるのですが、視力が良い人は、細部をしっかりと視認する事ができるので、くっきりした(空間周波数が高い)アインシュタインの画像が見えるとのこと。

ちなみに小さい画像だと、しっかりと視認できない為、目が良い人でもマリリン・モンローに見えてしまいます。この事からも、視力の良さによって、見えてくる画像が違うというのがわかって頂けるのではないでしょうか?

脳が疲れている時など、認識力の低下により、マリリン・モンローに見えちゃう時もあるようですが、たった1枚の画像で、ここまで視力の差が生まれるとは…本当に驚きですよね。

究極に疲れている時の”チェック”としても使えそうなこの画像。(笑)数秒で答えが出る手軽さなので、家族や友人と視力チェック!してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス