記事提供:しらべぇ

好きになった女の子が、自分に気があるのかないのか分からない…。そんな状況で女の子の口から発せられる、「おれには気がないのかな…」と思わせるような微妙なセリフ。そんな何気ない一言に“絶望した”経験のある男性は少なくないでしょう。

■「私から…」でも油断できない!?

今回は、20代から60代の男性300名が対象のアンケートから判明した、「片想いの相手から言われたら最も絶望してしまうセリフ」ランキングを紹介しましょう。(選択肢は、女性への聞き取り調査をもとに選出しています ※「その他」を選択した回答者:5.3%)

まずは、10位から4位です。

4位:「(何気なく飲みに誘った際)うん、みんなで飲もうよ!or他には誰が来るの?」:8.0%

5位:「あー、好きな人欲しいなぁ」:7.7%


6位:「誰かいいコ紹介しようか?」:5.7%


7位:「(デートに誘った際)来月なら空いてるかも…」:4.7%


8位:「(あなたに対して)お兄ちゃんor弟みたい」:3.3%


9位:「(あなたに対して)〇〇は誰か好きな人とかいないの?」:3.0%


10位:「(デートに誘った際)今度私から誘うね!」:2.3%


最下位となった「今度私から誘うね!」ですが、東京都港区に勤める25歳の受付嬢・シホさんによれば、「このセリフを本音で言うと、『私が誘うことはしないけど、あなたから毎日のように誘いの連絡が来るのがもうしんどいんです』ってことですよ」とのこと。女性の本音は複雑ですね…。

■絶望しかない…トップ3は!?

では、トップ3です。

断トツの1位は、「一生友達でいようね!」でした。あなたは一生“恋愛対象”ではありませんと言われたようなものですからね…。片想い相手に言われて絶望しないわけがありません。

これらのセリフを言われて絶望したとしても、「当たって砕けろ」精神でアプローチし続けられるか…。そう、望みのうすい片想いはつらいものです。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年5月19日~2014年5月20日
対象:全国20代~60代男性300名

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス