お子様がいる家庭なら経験あるであろうクレヨンの落書き。紙に描いているはずが床に壁に~と盛大にやられてしまうことも…。クレヨンは消えると思いきや消えません。でも、どの家庭にもある○○を使えばキレイに消すことが出来るんです!

やられた~!意外と手強かったクレヨンの落書きにガクッ…

幼児の落書きは育児あるあるですね。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ですが、「クレヨンなら落ちそう」と思っていざ拭いてみると落ちないんです!クレヨンは落ちないんですね…。これは大ショック。でも焦らなくても大丈夫。あるものを使えばキレイに落とすことが出来るんです!

1.歯磨き粉を使う

歯磨き粉を使って落とす方法です。実は、準備するものは、歯磨き粉とぞうきん、古歯ブラシです。

[1] 乾いた布で乾拭きを繰り返す。(歯ブラシに歯磨き粉を付けて軽くこすり、強く絞った濡れ雑巾で拭き取るのも有効な手段)

出典 http://www.craypas.com

クレヨンメーカー『サクラクレパス』さんも、歯磨き粉を使った落とし方を推奨されています。

ちなみにこれは筆者宅の落書きです…かなりの日数が経っています。画像では伝わりませんが割と広範囲でガックシ。実際に歯磨き粉を使って実践してみたのでご覧ください。

歯磨き粉をぞうきんに適量取り、ゴシゴシ拭き取る感じでこすっていきます。筆者はクロスにそのまま歯磨き粉を付けています。

数回ゴシゴシこすると少し色が落ちてきました。ぞうきんだけでなく古歯ブラシで細かい部分をこすりましょう。果たしてどこまで綺麗に落ちるのでしょうか?

うっすらとクレヨンが見えますが、パッと見はキレイになりました。やはり落書き後に即対処していればキレイさっぱり消えたハズ。また、歯磨き粉臭は否めませんのでクロスに残った歯磨き粉は綺麗に落とし、気になるなら消臭スプレーを使用しましょう。

2.石鹸を使う

固形石鹸を使って落とす方法です。固形石鹸は様々な汚れに対応する優れもの!準備するものは、バケツ、お湯、固形石鹸、キレイなタオル。

バケツに熱いお湯を入れて、タオルを浸して軽く絞ります。しずくが滴り落ちない程度にぐじゅぐじゅのタオルに石けんをこすりつけて落書き部分をこすります。すると、熱いタオルの熱で緩んだクレヨンが石けんの洗浄力によってすいすい~っと落ちてしまいます。

出典 http://blog.livedoor.jp

Before

出典 http://blog.livedoor.jp

これだけの範囲に描かれるとげっそりしてしまいますが、石鹸の洗浄力を頼りにこすっていくと…

After

出典 http://blog.livedoor.jp

この通りキレイさっぱり落ちます!

クレヨンがきれいに落ちたら、今度は石けんをつけないお湯タオルで石けん分を拭き取り、乾いたタオルで水分を拭き取ったら終了。

出典 http://blog.livedoor.jp

3.家庭用洗剤を使う

家庭用洗剤(マイペット)を使った方法です。

クレヨンは顔料を固形ワックスで練り固めたものですが最近のクレヨンは体質顔料と液体油も加えられていてよりなめらかに描きやすいよう軟らかめに作られています。

出典 http://takaganboy.com

クレヨンの主成分は油ということです。クレヨンのような手強い油汚れにはキッチン用洗剤やクレンジングオイルが効果的と言われています。

クレヨンで汚れた部分に洗剤を付け、固めの歯ブラシでこすりお湯ですすぐか布で拭き取るを繰り返します。

出典 http://takaganboy.com

出典 http://itarialitalia.blog.fc2.com

この状態に一抹の不安を感じてしまいますが、こすっては拭いてを繰り返すと…

After

出典 http://itarialitalia.blog.fc2.com

この通り!少し名残はあるもののキレイに落ちています!

4.クレンジングオイルを使う

クレンジング洗顔オイルやジェルを使って落とす方法です。上で説明したようにクレヨンは油汚れと同類。クレンジングオイルで汚れを浮かして拭き取りましょう!

出典 http://kodomo-gurashi.com

クレンジングオイルを落書き部分に塗り込みます。

出典 http://kodomo-gurashi.com

古歯ブラシでゴシゴシ!

水で薄めた中性洗剤を含ませた布(ぞうきん・タオル・ウエス)で、叩いてふき取ってください。

出典 http://kodomo-gurashi.com

出典 http://kodomo-gurashi.com

キレイさっぱり目立ちません!クレンジングオイルならクロスの目に入り込んだクレヨンにも対処できるようです。

5.ドライヤーを使う

凹凸のない熱に強い家具ならばドライヤーを使用してみるのも効果的。

出典 YouTube

ドライヤーで温めて、クレヨンが柔らかくなったところを優しく削り落とします。
※この方法は、平らで凹凸のない家具や壁だけに使用すること。

落書きされたら即対処がポイント

出典 http://mykaji.kao.com

落書きを消す時に大切なのは、即対処することです。時間が経過してしまうと落ちるものも落ちにくくなります。

育児あるある!紙オムツのポリマー地獄回避術はこちら↓

この記事を書いたユーザー

rikomm このユーザーの他の記事を見る

DIY、雑貨が大好きな3kids☆mama。DIY記事を中心にwebライターとして活動中です。より多くの方に共感頂ける情報をお届けできたらと思います。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス