超高速で動くものを携帯のカメラで撮影すると不思議なことが!

出典 YouTube

飛行機のプロペラを撮影している動画ですが、あれれ?途中から羽が生えてきている?!?!なんじゃこりゃ?!

どうしてこんなことが起こってしまったのでしょうか?

※飛行機に問題はありません。

ローリングシャッター現象とは?

CMOSセンサーが採用されていて、それは線が上ら下へと素早くスキャンする仕組みのシャッターになっているからだ。センサー全体が同時に露出されていないので、素早い動きには着いていけず、このような結果になる。

スチール撮影ではそのような現象が起きないのは、動画撮影時は電子ローリングシャッターが作動するのに対してスチールではメカシャッターが作動するからだ。

出典 http://www.upitivity.com

動画撮影場合、上から下に撮影してカメラは動画として保存するそうです。上を撮影し終わって下に行ったときにはズレが生じているため妙な動画になってしまうというわけです。

といっても、ちょっと難しいですよね?そこで原理を説明している動画がありましたのでご覧ください。

ローリングシャッター現象の原理とは?

出典 YouTube

画面横に白い細い線が表示されますが、それが携帯カメラが撮影しようとしている動きだと考えてください。残されたプロペラの軌跡が携帯カメラが撮影した結果です。

プロペラは一定に回っていますが、カメラが撮影するのは上から下、上から下なのです。下に来たときには、上の状態は撮影したときと同じではありませんので誤差が生じます。そういった現象の結果、妙な動画になるというわけです。

とってもわかりやすい原理の説明ですが、なるほど!と思いませんか?

ローリングシャッター現象を静止画にすると・・・

出典 http://dennpa.exblog.jp

こわっ・・・。こんな飛行機飛べない!!

出典 http://naglly.com

プププププロペラが落ちてる?!?!

出典 http://ameblo.jp

羽がありすぎーーー!

出典 http://www.kansmemo.com

ぎゃーー!羽落ちてませんかー?!

出典 http://ysmr.cocolog-nifty.com

羽がブーメランみたいになってる・・・

実際に撮影してみよう!

出典 http://funa-mama.cocolog-nifty.com

画鋲をふたつ用意して、壁やコルクボードに刺します。ゴムを渡して引っ張ると「びよよよよ~~~~ん」となるので、こういった画像になりますよね?

コレを動画で撮影します。

出典 http://funa-mama.cocolog-nifty.com

明るい場所を選ぶのがコツだそうです!しっかりと明るさを確保して、動画モードで撮影スタート!すると、ゴムが波型になっています!まるでスローモーションみたいですね!色々な高速で動くものを撮影してみると、面白い結果になって残るかもしれません(笑)

是非、遊んでみてください!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス