記事提供:バズプラスニュース

プロの牛丼ハンターの俺様は、無類の牛丼好き。

吉野家の為なら命を捨てても良いと思っている俺の贅沢は、牛丼特盛りを味噌汁と生卵とサラダと一緒に食べること。給料日後の最高の贅沢だ。

しかし、サイフが寂しい時はそんな贅沢は出来ない。

お金がない時でも、牛丼の並盛り1杯(300円)だけで満腹になる方法がある。それは、紅生姜を山盛りにして食べるという方法だ!紅生姜は無料!無制限に入れられる。

でも本当に紅生姜の使用は無制限なのか?念のために店員さんに聞いた事があるのだが、「いくらでも使って大丈夫です」と言っていた。

牛丼に紅生姜をラーメン二郎のごとく山盛りにする。山盛りにするため、トングで紅生姜を移動させる行為で腕が疲れてくる。梱包の夜勤バイトで鍛えた腕で良かったぜ…。

吉野家の紅生姜は、ほどよい酸味なので、単体でバリボリ食べても美味しく食べられる!!

紅生姜に飽きた頃、牛肉と合わせて食べる。最後にライスと一緒に食べる。牛丼というより紅生姜丼という感じだが、身体が温まって最高に良い!たまらない!!

でもなんか、舌がヒリヒリするー。なんか熱くなってきた。なんだこれ。でも満腹だからいいやね。

え?常識はずれだって?お前らの常識と俺の常識を一緒にしないでほしい。お前ら一般人の常識ってナンボのもんなの?高貴なる俺の常識は、お前らを凌駕している。プロの牛丼ハンターを舐めんなよ。

紅生姜の量が、凡人と俺の違いなんだよ。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス