80年代のベタベタなPOPチューン連発いたします。懐かしいと思う世代の方も、むしろ新鮮と思う若い方も、これが新しいと思う先輩方も、皆さん楽しみましょう!!

出典 http://gekkoka.blog.shinobi.jp

ということで、洋楽が日本で最も人気のあった時代の一つ、80年代。その時期の、それも超ベタなPOPチューンをご紹介いたします。

筆者が営む洋楽バーでもお客様によるリクエストがあるのですが、その上位曲ともいえる内容になっています。

是非80年代の世界をお楽しみください。

MICHAEL JACKSON・THRILLER

出典 YouTube

ご存じマイケル・ジャクソンの代表的な作品。プロモーション・ビデオをアート作品に仕上げた画期的な内容で、当時若者の注目を集めました。

残念ながら既に故人となってしまいましたが、こういった良い作品はいつまでも語り継がれることでしょう。

84年、全米4位。100万枚以上のセールスを記録。

A-HA・TAKE ON ME

出典 YouTube

ノルウェイのオスロ出身の3人組。漫画の技術を駆使したPVが話題に。彼ら最大のヒットとなった有名な曲です。

よく「一発屋」と言われますが、他にもヒット曲はあります(笑)

85年、全米1位を記録。

HUEY LEWIS AND THE NEWS・POWER OF LOVE

出典 YouTube

サン・フランシスコで結成された彼らですが、ヒューイ本人はニュー・ヨーク出身。彼らの出世作となった、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの挿入曲。

この彼らは「スタック・ウイズ・ユー」等の大ヒットを連打します。

85年、全米1位。50万枚以上のセールスを記録。

WHAM!・CARELESS WHISPER

出典 YouTube

英国出身のポップ・デュオのワム!この人たちは本当に流行りましたね。殆どの曲を中心メンバーのジョージが作曲しますが、この曲に関しては何故か相方アンドリューとの共作。

この年の年間一位も取得した80年代の泣きエロ・バラード!!

85年、全米1位。100万枚以上のセールスを記録。

MADONNA・LIKE A VIRGIN

出典 YouTube

言わずと知れたマドンナの代表作です。ナイル・ロジャースのプロデュースによって一気に大スターとなった時期のものです。

曲名ですが、「処女のように」なんでしょうけど、「LIKE」を「好き」としか訳せなかった頃、「処女が好き」と大騒ぎしていたのを思い出します(笑)無知とは幸せな事ですなぁ。

84年、全米1位。50万枚以上のセールスを記録。


STARSHIP・WE BUILT THIS CITY

出典 YouTube

若い世代の方には朝の情報番組で使われたことから再評価もされていると思いますが、元々は60年代から続く「老舗」ロックバンドの80年代仕様の作品です。

邦題は「シスコはロックシティ」でしたねぇ。そういう邦題なんかも懐かしいですなぁ。

85年、全米1位。50万枚以上のセールスを記録。

選んでたら84~85年ばかりになっちゃいましたね

やはりこの頃が日本の洋楽シーンがキラキラ輝いていたということですかねぇ。やはりリアルタイム世代の筆者としては、思い入れもあるのでしょうか、若干偏ってしまいました。

読者の皆様、如何でしたでしょうか?今から30年くらい前の作品が中心になっています。未だ色褪せないと思うか、懐かしと思うか、むしろ新鮮と思うか、もっと前のが良かったと思うか、、、色々な感想も出て来そうですね。
最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス