去る3月14日、北陸新幹線が開通になりましたね。インターネットで情報を見ていても、様々な観光スポットやお土産の情報が目に入ってきます。

そこで筆者も便乗して記事を書くことにしたのですが、いかんせん世間では後発組。そこで、あえて複数紹介するまとめ記事ではなく、ある一店舗をとことん掘り下げる記事を書いてみようと思います!

キラリと光るのは「茶菓工房たろう」

出典 http://www.sakakobo-taro.com

今回筆者が紹介することに決めたのは、公式サイトのイラストがとってもキュートな「茶菓工房たろう」さん。ここのお菓子が調べれば調べるほど魅力的だったんです!

最大の注目は彩り豊かなようかん!

出典 http://www.sakakobo-taro.com

なんといっても筆者がオススメしたいのが、この一風変わったようかんです。

《たろうのようかん》

カカオ、白カカオ、ピーナツバター、濃茶、小豆

出典 http://www.sakakobo-taro.com

小豆は言わずもがなスタンダード、濃茶のようかんも見かけたことはありますが、「カカオ」「白カカオ」「ピーナツバター」とは、なんという和洋折衷ぶりでしょうか。お味が気になるところです!

ありました、召し上がった方のツイート!見た目はなんだかブラウニーのようですね。

お味は生チョコに近いようです!

カカオが人気のようですが、筆者が個人的に気になっていた「ピーナツバター」も「うまー!」だそうです!

続いては宝石のような寒天のお菓子!

出典 http://www.sakakobo-taro.com

続いて紹介するのは「もりの音」。

良質な寒天を丁寧に乾燥しました

カリッとした食感 柔らかな弾力

抹茶、ブルーベリー、黒糖、プレーン

自然素材の色合いが愛らしい一粒菓子です

出典 http://www.sakakobo-taro.com

とのことで、こちらもまたフレーバーのチョイスが独特で、でもとても美味しそうです。

お買い上げされた方のツイート。本当に見た目から素敵ですね!

お味も「ムシャムシャ食べちゃう」美味しさのようで、ますます魅力的ですね!

最後は小豆が輝くもなか!

出典 http://www.sakakobo-taro.com

最後は「たろうのしかくいもなか」。光り輝く小豆に惹かれたのもありますが、もうひとつ、紹介したかった理由があります。

なんとバレンタインシーズンにはこんなハート型への変化を遂げて、味もあんことチョコやマカデミアナッツとのコラボが楽しめるそうなんです!

お味もやはり間違い無いようです。次のバレンタインシーズンにはマストバイですね!

もちろん「しかくいもなか」もツイートに。たしかにシンプルなパッケージにかえって惹かれますね!

いかがでしたか?皆さんも北陸新幹線でぜひ金沢へ、そして訪れた際にはぜひ「茶菓工房たろう」にお立ち寄りくださいね。

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス