とっても簡単に描ける「3D絵画」の描き方

出典 http://www.excite.co.jp

パッと見たらインパクトある「浮き出る手」のイラスト。実はこの絵…、ものすごく簡単に描けるって知っていましたか?小学生の子供達にもぜひ教えてあげたい3D絵画です。

では、描き方を紹介してみましょう!

描き方について

①画用紙に手を置いて、えんぴつで輪郭をなぞる。
②マジックで水平線を何本も引く。そして手の部分は立体感を出すため曲線にする。
③自由にカラフルな色を塗る。

以上です。

では、動画で描き方を見てみましょう!

出典 YouTube

どうでしたか?驚くほど簡単に出来そうでしょ。

最後にワンポイント・アドバイス!

実際に私もやってみたのですが、想像以上に簡単に出来ました。上手に描くポイントは水平線の数を多くして、出来るだけ間隔を狭くすること。そして色を塗る時には、薄い色ではなく、出来るだけ濃い色(赤黄青など)を使うとより立体的に見えました。

ちなみに、「手」以外でも、「バナナ」「本」「ペットボトル」「ウイスキーボトル」など身近なものでもやってみましょう。用紙の上に置いて輪郭を描けたら、同じような要領で簡単に描けますよ。

これは話のネタにちょっと覚えておくと便利ですし、すました顔でサササって描くと周囲から尊敬の眼差しで見られちゃうことも!ぜひお試しください。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス