普段何げなくやってしまうのに、実は違法行為になることがあるのをご存知ですか?知らないうちに犯罪者になってしまうかも知れない、ありがちな行動パターン。特に自転車に多く見られるので、気になったものをまとめてみました。

自転車で走行中、歩行者に向けてベルを鳴らす

道路標識上ベルを鳴らさなければいけない場所と、危険回避を目的とする以外ではベルをやたらと鳴らしてはいけないことになっています。特に、道を譲らせる目的で歩行者に向けてベルを鳴らした場合は、『警報機使用制限違反』となるそうです。

◎標識など、鳴らす義務があるのに鳴らさなかった場合⇒5万円以下の罰金

◎標識や危険回避などの目的以外で鳴らした場合⇒2万円以下の罰金または科料

《著者コメント》
歩行者に道をあけてもらう為にけたたましくベルを鳴らす人、良く見かけますが、あれがまさに違法行為。

中には、それが正しいと勘違いしている人もいるようです。トラブルが起こったときに絶対不利になる行為なので、気をつけたいものですね!

飲酒して自転車を運転する

自動車などと同様、飲酒して自転車に乗ると飲酒運転になります。酒気帯び運転も同様です。また、薬を服用した状態など、危険運転の可能性に繋がる状況で自転車にのることも
同様に違法行為になるのです。

◎飲酒した状態で自転車を運転した場合⇒5年以下の懲役または100万円以下の罰金

◎過労や眠気を伴う薬の服用など、正常では無い状態で自転車を運転した場合⇒3年以下の懲役または50万円以下の罰金

《著者コメント》

「今日は飲むから自転車で行く」なんて人が実際いたのでビックリしたことがあります。でもこれ、意外と多いのでは??自転車なら飲酒運転にならないと思っている人がいますが、お巡りさんに見つかったら当然OUTなので、飲酒で自転車に乗る人が周りにいたら教えてあげるのも親切ですね。

自転車で歩道を走る

自転車は自動車と同じ車両です。歩行者用の道路は、基本的に通行してはいけません。
ただし、補助標識で通行禁止対象から外されている場合などは、通行しても大丈夫な場所もあります。

◎通行止めとなっている道路を自転車に乗って通行した場合⇒3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

《著者コメント》

歩道は何故か自転車用と思っている方を見たことがあります。これも多いかも知れません。歩行者に向かって「ここ、歩道なんですけど!」と言ってる自転車の人を見かけた時はビックリしました。それは、歩行者の台詞では??

加速したまま歩行者の横を通過する

自転車は車両なので、歩行者の安全を確保する義務が生じます。自転車が通行可能な道路で歩行者の横を通過する時には、徐行したり自転車から降りるなどのほかに、付近に歩行者がいる場合は安全な距離を保つことが義務になっています。

自転車の通行が禁止されている歩道での歩行者追い越しなどは、とんでもない話になるのです。

《著者コメント》

狭い歩道で、荷物を持った歩行者にぶつかりそうな距離でもおかまいなしに颯爽と走る自転車、結構見かけます。歩行者が転んでケガをしたら、絶対に不利ですね。

ルールをしっかり守って安全に。

以上、つい自転車でやってしまいがちな違法行為を挙げてみました。知らずに犯罪者になっていた!なんてことの無いように、交通法規をしっかり守って安全に運転しましょう。

こちらも合わせてお勧めします。

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス