4月4日は『皆既月食』×『花見』の奇跡のコラボ、「花鳥風月」の花と月が一度に味わえる、と楽しみにしていたのですが、曇りで叶わず…次は17年後かぁ。そんな中、花見についてのリサーチの結果が話題となっていました。

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研はこのほど、メディア分析ツール「メディアアナリティクス」を使用して、「花見」がソーシャルメディア(Twitter)でどのように語られたかを分析、結果を公表した。

同調査は3月28日 0時0分~30日 23時59分、「花見」のワードを含む全54,526投稿(Twitter)を対象に実施した。

出典 http://news.mynavi.jp

出典 http://news.mynavi.jp

ランキング上位はいわゆる「桜の名所」。昨年1位の目黒川が上野に首位の座を奪回されていますね。さくらさくら今咲きほこる…

その他の関連ワードとして多くあがったのは、「出勤途中に一人で花見」といった「一人/ひとり」(852件)というワード。「一人花見してきた、寂しかった」「会社の休み時間に一人花見してきた。楽しかった。いや、マジでマジで。寂しくないし」など、

自虐的な投稿も多く見られたという。

出典 http://news.mynavi.jp

そして、「日比谷公園までお散歩しがてらプチ花見」「スタバと銀だこ持ってプチ花見」など、簡単な準備でお花見を楽しむ「プチ花見」も123件と一定数見られた。この「プチ花見」は、「大学に行ったら桜が咲いていたので、プチ花見して来た」などに見られるように、外出先でたまたま桜を見つけてお花見をするというケースも多いようだ。

出典 http://news.mynavi.jp

「ひとり花見」に「プチ花見」。実際は今までも普通にあったことなのでしょうけどそこに流行りのワードがのっかることで「名詞化」したことがわかりますね。トレンドっぽい。

また、「○○さんの写真でエア花見」「花見羨ましいから去年の写真みてエア花見」のように、実際にお花見はせずに写真で楽しむ「エア花見」(36件)も少ないながら投稿があり、ソーシャルメディアの普及とともに「お花見」のあり方も変化していると言える。

出典 http://news.mynavi.jp

「撮影してSNSに投稿するまでが○○です」○○のところに今回は「花見」が入るわけですがなるほど、それを逆手にとってエア花見なわけですね。

では、行ってみましょうか。『エア花見』の世界へ!!

『エア花見』をたしなむ。

桜はエアでも酒はリアル

出典 YouTube

盛り上がってきたのでこの辺で一曲♪

それぞれの『エア花見』

会社員も。

JKも。

オフィスでも。

花見をしている人?を見ている人も。

花より団子な人も。

オニギラナイ人も。みんなで『エア花見』

『エア花見』とは

これから定着していく中で『エア花見』の定義も固まっていくのでしょう。今、私たちは一つの言葉と文化が生まれてくる瞬間に立ち会っているのです!考えてみるとメリットも多いですよね。

1.日本全国の名桜が楽しめる

2.玄関開けたら5分で花見

3.悪天候もものともせず

4.花粉症だって大丈夫

5.一人だってさみしくない

6.そんな人にわたしはなりたい


書いてて涙が出てきたのは花粉のせいですよね?

全面的に同意します。あとやっぱりレジャーシートは雰囲気を盛り上げてくれますよね!

全面的に同意します!!

花鳥風月

花鳥風月。美しい自然の風景や、それを重んじる風流。リアルでもひとりでもプチでもエアでも根底にあるのはその変わらない日本人としてのアイデンティティ。

出典 http://free-images.gatag.net

こんな感じでしっとりと楽しみたいですよね。誰かと。その誰かはリアルなのかエアなのかはわからないけど。

みなさんはいい花見できましたか?私はまだ「プチ花見」と言うか仕事中に桜の名所を通り過ぎただけなので明日は存分に楽しみたいと思います。エアで。ええ、エアで!!

この記事を書いたユーザー

まきの@うち このユーザーの他の記事を見る

酒と泪と家族とコネタをこよなく愛する40代半ばの週末料理人、たまに公式ライター。兵庫県生まれ兵庫県育ち。東京在住。主に飲み屋街に出没。人生はプロレス。生きものばんざい。涙腺弱い。胆石持ち。豆腐メンタル。アイドル好き。同級生の嫁、大学生の息子と中3の娘、そしてカメ3匹と暮らしています。BABYMETALが遠くに行ってしまい子離れに耐える親気分w (twitter: @makidekazu )

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス