近年様々なネットサービスが誕生して便利になっている反面、不正ログインや不正送金などの被害がたくさん出ています。

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が公開している「2014年度情報セキュリティに対する意識調査報告書」によれば、不正ログイン防止に向けてのパスワードに対する意識は、10代が他の世代に比べて極端に低い傾向にあることが分かりました。

そんな背景から、IPAが若い世代に向けてパスワードの大切さを伝えることをねらいとして、10代を中心とした若い世代が多数訪れる原宿駅の線路沿いの大型看板17面を使い、パスワードの大切さをテーマとするポスターを展示していて話題になっています。

タイトルボードなど2面を除く15面で「こんなお手軽パスワードじゃ危ないぜ?お・ひ・め・さ・ま♡」や「お前にそんな単純なパスワードは、似合わないよ」などの具体的なメッセージを発信しています。

パスワードは「長く」「複雑に」「使い回さない」といったメッセージが込められているんですね。

さっそくネット上でも話題になっています

以下ページからスライドショーでご覧いただけます

ちょっと台詞とイラストがミスマッチ過ぎて、肝心のパスワード強化のメッセージが入ってこない可能性もありますが・・・それでもこれがきっかけで若い世代がパスワードの大切さを認識してくれれば良いですね。

ポスターが展示されているのは4月3日から7日までの期間だけだそうです。展示されている間に是非生で見てみたいですねw

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス