女性は1ヶ月で4回性格が変わるらしい

グラフに書かれているのは「エストロゲン」「プロゲステロン」「オキシトシン」「テストステロン」という4つの物質です。まずホルモンバランスから解明していきます。

気持ちが沈む、どんより時期

出典 http://www.gettyimages.co.jp

生理初日から最初の1週間は気持ちが暗く沈んだ状態になりやすく精神を安定させる「プロゲステロン」が減少すると、むくみ、疲労感、イライラ、不安感などの症状が出ます。

怒りっぽくなったりする、精神的に不安定になる吹き出物ができたり、体がむくんだりするのはこの時期です。

生理が始まる前の2週間は「プロゲステロン」が多いので女性は落ち込んだり、八つ当たりするかもしれません。

出典 http://onnagokoro.web.fc2.com

イライラ時期

出典 http://www.gettyimages.co.jp

生理初日から数えて21日目には「テストステロン」が増加します。テストステロンは一般的に「男性ホルモン」と呼ばれているもので、男性的な感情を引き出す要素から、攻撃的になる、支配欲が強くなる、衝動的になるなどといった感情が引き出されやすい時期になります。

男性ほどでなくても、女性も骨格や筋肉は発達しますし、男性的な思考をしたり、性衝動に駆られることがあると思います。これらのメカニズムは複雑で一概に言えませんが、一因としてテストステロンが関係していると思われます。

出典 http://www.daito-p.co.jp

他人に対してのイライラも感じやすい時なので周囲に八つ当たりしないよう注意が必要

出典 http://sp.lalu.jp

生理後はハッピーなキラキラ時期

出典 http://www.gettyimages.co.jp

生理初日から数えて7日目には女性ホルモンの代表格「エストロゲン」が徐々に増加。エストロゲンは肌をツヤツヤにし、女性らしいカラダを作ります。エストロゲンが増加すると、気分を明るくする、集中力がアップ肌にハリが出るなどがあります。

エストロゲンには「ほれ薬」のような作用がありほれやすいのもこの時期です。

出典 http://sp.lalu.jp

排卵期から生理前の時期に「さびしい気持ち」になるのは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

排卵期から生理前は、一般にエストロゲンの分泌が多い時期なので、性行為の受容性が高いので「気分」になりやすく、さらに、人によっては性経験やパートナーへの愛情からさびしい気持ち」になる、という状況が考えられます。

恋愛のパートナーが出来ればエストロゲンの分泌も活発になるのできれいになったり、さびしくなりやすくなるのだろうと思われます。

出典 http://www.daito-p.co.jp

生理が終わった後の2週間は「エストロゲン」が多いので女性は明るく優しく接してくれるでしょう。

出典 http://onnagokoro.web.fc2.com

心が安定する時期

出典 http://www.gettyimages.co.jp

生理初日から数えて14日目を過ぎると徐々に「プロゲステロン」と「オキシトシン」が増え始めます。この時期は安心感が強くなり、愛情が高まりやすくなり、幸福を感じやすくなります。

出典 http://sp.lalu.jp

女性ホルモンを整えるには?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1週間に3回は適度な運動を行う

十分な睡眠を心がける

出典 http://www.gettyimages.co.jp

夜12時までには就寝して十分な睡眠を心がける。

朝日を浴びる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

幸せ物質「オキシトシン」を増加させるには、睡眠はホルモンバランスを整える上で重要なので規則正しい生活を心がけ、適度な運動をして、健康的な生活をすると良いのですね。

この記事を書いたユーザー

☆ラララ☆ このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナ公式ライターの☆ラララ☆です。しまむらやプチプラの記事を中心に執筆してます。Twitter、Facebookでのシェア大歓迎!!拡散お願いします♪
インスタグラム  https://www.instagram.com/lalalala921/

得意ジャンル
  • 話題
  • インテリア
  • ライフハック
  • インターネット
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら