フジテレビで放送されている『TOKIOカケル!』にゲスト出演をした山口智子さんが、旦那である唐沢寿明さんについて語っていたのですが、普段のイメージとはかけ離れた唐沢寿明さんの姿に驚いた人が多かったようなのです。

『TOKIOカケル!』で山口智子が唐沢寿明との夫婦生活を語る

交際し結婚するきっかけとなったのはNHKの連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」だそうで、悩みを相談している内に仲良くなっていったのだとか。

この作品がデビュー作で初主演の山口は、舞台や東映の特撮スーツアクター、スタントや声の吹き替えなどで既に下積み経験の長い唐沢に「女優としてやっていく自信がない」などと撮影の合間にたびたび悩みを打ち明けていた。

出典 http://ja.wikipedia.org

唐沢寿明さんと山口智子さんが結婚したのは1995年。現在結婚20年になる2人は、あまり喧嘩をすることもなく今でもラブラブなんだそうです。

なんでも、喧嘩をすることがほとんどないのだとか。これに関して山口智子さんは「唐沢さんは話を聞いてくれない人」と愚痴っぽく言っていたのですが、話を聞かないことに対して怒ったりイライラしたりはしていない様子でした。こういうところが夫婦円満のポイントなのでしょうね。

兄貴肌の唐沢寿明が家では甘々生活で手を繋いで寝たり抱っこしたりしている

20年もの間、お互いのことを嫌になったりマンネリ化したりせずに過ごせる唐沢夫婦は素敵ですよね。2人にはこんなラブラブでいられる秘訣があるようなんです。それは、

「手をつないで寝る」

ことなんだそうです。

兄貴肌で男らしいイメージのある唐沢さんには意外な一面ですよね。2枚目や3枚目の役もできる俳優さんですが、結婚生活はどこか亭主関白そうなイメージだったので驚きました。

みなさんは今、旦那さんもしくは奥さんと手をつないで寝ていますか?きっと結婚して数年たったくらいから、手をつなぐ機会さえ減ってしまうことでしょう。今日、寝るときにそっと相手の手をつないでみるとマンネリが解消されるかもしれないですよ。

他にも、仕事で忙しい2人ならではの生活習慣も語ってました。

久しぶりに会うと「抱っこして遊ぶ」のだそうです。唐沢さんは51歳、山口さんは50歳なのですが、50歳を超えても抱っこしあえる関係って素敵ですよね。

結婚している人は、唐沢さんと山口さんのラブラブな生活を参考にしてみるとよさそうですね。

この記事を書いたユーザー

日乃あかね このユーザーの他の記事を見る

音楽やエンタメ、クスッと笑える記事を得意とする1児のママライターです。ゲームシナリオも書いています。

権利侵害申告はこちら